ループイフダン検証ブログ

ループイフダン攻略法&3万円キャッシュバックが貰えるキャンペーン中!【目安資金】【バックテスト】【投資法】等が人気記事。ループイフダン情報が最も詳しいブログです。「長所短所まとめ」等のお勧め記事を閲覧推奨。著書好評発売中!


カテゴリ: 投資テクニック

ループイフダンやトラリピと並行して裁量トレードをする人も多いと思います。
そこで、ループイフダンに関連する情報として裁量トレードの投資手法を紹介します。

★★★
まとめ。
●投資で精神状態をコントロールする4つの方法。
  • 1日・1週・1月の最大損失額を決める
  • レバレッジ上限を決める
  • トレード前にトレードノートを読む
  • トレード前に頭の回転をチェックする。タイピングなど。
★★★

FXであれ株であれ、投資では精神状態・メンタルコントロールは極めて重要な要素です。
数値化してチェックするのが難しいと考えられており、自分でもその状態を正確に把握するのは難しいのですが、投資には大きな影響を与えます。

投資をしていると、勝てば調子にのり、負ければ悔しくなります。
小さな勝ちで調子に乗って大きな勝負を挑んだ結果負けて全部利益を吐き出すなんてことはよくあります。

負けて悔しくなり、やけになって大きな勝負を挑み、さらに大負けすることもあります。
このようなことのないよう買っても負けても平常心を維持することが重要です。
そのためのコツをいくつか紹介します。

●1日の最大損失額を決める
1日だけでなく、1週間、1月など適当な期間毎の最大損失額を決めておくとよいです。
そして、その額を超えたら、絶対にトレードをしないことです。

例えば、その月の半ばで最大損失額を超えたら、その月はずっとトレードしないというように厳しくルールを守る必要があります。

これは実際に銀行等のトレーダーがリスク管理のために行っている方法で、個人にも有効です。

なぜかと言うと、損失を出すような時は、
・自分の精神状態がおかしくなっている可能性があるため回復するまで待つ必要がある、
・負けた理由をよく反省・考察する時間が必要である、
・負けを取り戻そうとして通常ならしない無理なトレードをする恐れがある(負けを取り戻すという目的でトレードすること自体がお勧めできません)、
等の理由によります。

このルールを守っている限り、資金が急減することはありませんし、平常心を欠いたまま投資を再開するリスクを減らせます。

また、負けが続いているときは最大損失額に達する前であっても一旦トレードを止めて様子を見たほうがいいです。

相場自体が急落しているような時はある程度損失を出すのは仕方ないのですが、そうでもないのに負けが続く時は、自分に原因があると考えた方がいいです。
投資方針や投資時の自分の心理状態をよく見直すべきです。

なお、最大損失額は総資金に対する割合(5%など)で決めておいた方がいいです。
以前も書きましたが、単純に何万円と決めるより、何パーセントと決めておいた方が、全財産を失うリスクを減らせるためです。

●レバレッジ上限(ポジ数上限)を決める
FXではレバレッジをかけられるため自己資金より大きな額の取引ができます。
しかし、その分負けた場合のリスクは大きいので、精神的負担も大きくなります。

自分がどれ位までのレバレッジなら平常心を保っていられるかをよく調べるべきです。
もし相場の動きを見るだけでドキドキするとか、相場が気になって眠れないとか、仕事に集中できないといった症状がでるなら、それはポジションが大きすぎます。

自分の力量に応じて、徐々にポジションを大きくしていくようにし、冷静さを失わない範囲でトレードするよう心がけるべきです。

銀行等のトレーダーも最初は大きなポジションを持たせて貰えません。実力がつくに従って徐々に大きなポジションが許されます。それと同じことです。

●トレード前にトレードノートを読む
負けた日はその理由をノートにまとめ、後日トレード前に確認するとよいです。
自分で認識できないことが多いですが、人は結構同じパターンで負けます。

ですので、自分の弱点をあらかじめ把握しておけば再発を防げます。
こういうものは時間が経つと忘れてしまうものなので、コンパクトにまとめて毎回チェックするよう習慣づけるとよいでしょう。

勝ち続けて気持ちが緩んでいるような時には、調子に乗って注意力散漫になり思わぬミスをしでかすことがあるのですが、トレードノートを読み返すことにより負けた日のことを思い出し、慢心することなく平常心でトレードすることができます。

●トレード前に頭の回転をチェックする【運・調子の正体】
勉強やスポーツをしていて調子がいいという時があります。
また、投資やトランプなど頭を使うゲームをしていて調子がいいと感じることがあります。運がいいとか、頭が冴えていると感じる人もいるでしょう。

これはどういう状態かと突き詰めて考えていくと、「頭の回転が速い」状態を意味するという結論になります。

簡単に言うと、例えば眠いときや疲れているとき、酔っ払った時は頭の回転が遅く、このようなときは投資をしてもよい成果が得られないことは自明です。しかし、このような場合に限らず人の頭の回転は常に変化しています。
しかも、その状態を認識できていないことの方が多いです。

したがって、頭の回転が速いからゲームやスポーツがよく出来ているのに、単に調子がいいとか運がいいという意味のわからない言葉で片付けてしまったりするのです。

例えば麻雀の場合、頭が回っている時は自分の手だけでなく相手や場全体の動き、終局までの作戦等にも注意が行くので、自分の手も早く効率的な手が作れるし、振り込むことも少ないです。
 
逆に、頭が回っていない時は、自分の手しか見ずに強引に攻めたりして、相手に振り込んでしまい、「運が悪かった」と片付けてしまうのです。

勝っている時に「運がよかった」とか「調子がよい」と思い込む人が多いですが、実際は運ではなく「頭の回転がよい」だけであり、運や調子といった不明確な概念で解釈するのは全く合理的思考ではありません。

純粋な意味の「運」は絶対にコントロールできませんが、実際には「運」だと思っていたけど運ではなく「頭の回転」で説明すべきものが多々あり、それらについてはコントロールできるということがポイントです。

つまり、運にはコントロール出来るものと出来ないものがあり、コントロール出来る部分にフォーカスすべきということです。

(テニスの場合でも、頭の回転が早い時は、ボールを見るだけでなく相手の動きや表情にまで注意が及ぶし、相手の動きや癖、どんなサーブをしたか、相手は今どんな心理状態か等、考えうる情報を全て計算します。そして、「調子がいい」という状態になるわけです。

ですが、頭が回転していないときは、これらの多くを見落とし、ボールしか見てないような行動を取るため、いい結果はでません。そして、「調子が悪い」と片付けてしまうのです。)

FXの例を上げると、頭が回転している時はトレード時に把握しておくべき情報やチャートをもれなく調べ、過去の経験等も考慮して相場を予測し、自分の心理状態や癖なども明確に認識した上でトレードします。
なので、頭の回転が早い時はつまらないミスをしないです。

頭が回転していない時は、指標など重要イベントがあるのにそれを知らずにその直前にチャートだけを見て売買してしまったり、最新のニュースを見ないで売買してしまったりするミスをします。

また、チャートを見るときも頭が働いていない時は、日足や時間足で見れば明らかな下落トレンドなのに、5分足だけを見て上昇トレンドだと判断してしまい損をするようなミスをします。

一度損をして感情的になり、その損を取り戻すために無茶なトレードをしてしまうのも頭が回転していない証拠です。
トレードには感情は必要ないし、損を取り戻すという目的も必要ないのに、そういう余計なものに注意(集中力)が行ってしまい、トレードに集中できない状態のままトレードしてしまいます。
その結果、本来ならトレードすべきでない判断するはずのところでもトレードしてしまい、更に負けます。

そして、これらのミスを「調子が悪かった」とか「運が悪かった」と片付けてしまうのです。

こうしたことは言われたら当たり前と思うかもしれませんが、自分で認識しコントロールできている人はほとんどいないと思います。

(ちなみに、以前この話を東大の友人に話したらものすごく感動してました。「気付いてなかったけど言われてみれば確かにその通りで、色々なことが説明できるし、応用範囲も広い」、というのが主な理由です。賢い人なら(運の本質を理解できる人なら)普通はこういうリアクションになると思います。運の本質とはそれくらい重要なものです。)
 
「頭の回転」を認識できていない人がほとんどなので、上のようなことを言っても単なる言葉遊び(運を「頭の回転」と言い換えただけ)だと思うかもしれませんが、全然違います。

頭の回転の早さ、すなわち脳の処理速度なら数値化して調べることができ、投資に応用できるからです。
その方法を紹介します。

★頭の回転を数値化して確かめる方法(頭回転数・脳処理速度)
簡単でお薦めな方法は、タイピングのタイプ時間・ミスタイプ数や、100マス計算の時間・正解率など、すぐにでき、かつ時間を測ってその結果を数値化できるものを実行することです。

これなら、過去の平均と比べて今日の自分の頭の回転を正確に数値化して把握することができます。

(他の方法でもよいですが、ミスの割合も把握できるものが好ましいです。投資に応用するためには頭がフル稼働していることを確認する必要があり、スピードと正確さの両方が好成績でないと意味がないからです。)

私の場合、スコアが悪い時はどんなにトレードしたくても絶対にトレードしません。

このスコアが悪いときには、眠い時と同様に頭が働いていないので、注意力散漫になり、いつもなら注意すべきポイントを見落としたり、普段なら買うべきでないと判断するようなものでも買ってしまうなどの判断ミスが多く発生し、散々なトレード結果になります。

自分では頭が冴えていると感じていたとしても、実際に客観的に評価できるスコアをより重視すべきです。

これにより、精神状態が悪いままトレードして失敗するというリスクを減らすことができます。

私の場合、最近はトラリピやループイフダンのように自動でイフダン注文を繰り返す頭を使わない単純なトレードをしているため、トレードプランを見直す時以外はこのスコアを気にしていませんが、スキャルやスイングなどの裁量トレードをするときはトレード前に必ずタイピングで自分の状態をチェックしています。

ついでに言えば、このテスト自体によっても頭の回転を早くするといった効果も期待できます。
さらに、勝負本番前に決まった動作をすること(「ルーチン」と呼ばれる。)により精神状態を安定させるという方法があるらしく、野球のイチローもバッティング前に決まった動作をしますが、一定の効果があるそうです。(ラグビーの五郎丸ポーズも有名)
信じる者は救われるという考え方もあるので、プラシーボ的なものですが、副次的な効果として認識しておいてもよいかもしれません。

以上まとめると、投資で精神状態をコントロールするには以下の4つを実行するのがよいと思います。
●1日・1週・1月の最大損失額を決める
●レバレッジ上限を決める
●トレード前にトレードノートを読む
●トレード前に頭の回転をチェックする。タイピングなど。


★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑

ループイフダンに関連する情報として擬似トラリピ(手動トラリピ)の投資手法を紹介します。

FXでは経済指標によって大きくレートが動きます。そのため、指標の前や指標直後に取引する人が非常に多いです(指標トレードと呼ばれます)。
FX業者のサーバーがダウンすることもあるほどです。
 
このような取引が人気なのは一気に相場が動くため、やっていて楽しいというのが主な理由のようです。
ポジションを持ってもなかなか相場が動かないときは、飽きたりじれったく感じやすいのは確かに理解できます。
また、実際に思惑通りに相場が動いて短時間で大きな利益を得られることもあります。
 
ですが、長期的にみて、勝てるかどうかは全く別の話です。
少なくとも以下の理由のため、本当にこの手法が有効なのかは疑問です。
 
理由1:どちらに動くかわからない。
指標前にポジションを取ったとしても上がるか下がるかはわからないので、いわゆる丁半博打になってしまいます。
また、指標直後の動きに追随して儲けるというテクニックもあるのですが、指標発表直後に上がったものの、その後30分もせずに指標発表前のレート以下に落ちるということもよくあり、必ずしも勝てるとは限りません。
 
理由2:スプレッドが広がる。
指標直後はレートが一気に動くため、FX業者も通常通りのスプレッドを提供していたら大損をしてしまうので、多くのFX業者で指標直後にはスプレッドが広がるという現象が起きます。
ユーザーにとってスプレッドはコストであり、あえて高コストの取引をする理由はありません。
 
初心者の多くが指標前後のトレードを好みますが、私としては長年評価・検証した結論として、指標前後のトレードはお勧めしません。
よく動くと言われている米雇用統計でもせいぜい1%程度の値動きとなることがほとんどです。
指標前後に取引しなくても、大抵の相場は平均すれば1日で1%ほどは動くので、その動きをターゲットにした方が値動きも読みやすいし、スプレッドコストも小さくて済みます。
 
短時間で勝つ方がたくさんアドレナリンが出て楽しいのはわかりますが、買った負けたで一喜一憂しているようでは甘いです。買っても負けても、ただの数字と割りきって平常心でコツコツとトレードするようにしましょう。

ループイフダンやトラリピのように機械的にトレードするのが理想的です。 
 
指標売買は初心者が誰しも通る道と理解して早く卒業するのがよいと思います。

●擬似トラリピでの注意点。

以上の話は裁量トレードに関するものですが、擬似トラリピにも無縁の話ではありません。
 
具体的には、トラリピでは直前に注文レートを変えた方がよいです。
 
注文レートが指標前のレートに近い場合、指標直後にレートが飛んだ場合、取りそこねてしまうためです。指標によりどの程度動くかは統計的にある程度予測できるので、その分だけ予め注文レートを動かしておくのがよいと思います。

例えば、アメリカの雇用統計ではドル円で平均70から80pip位動きます。ですので、指標前のレートが102.00で、決済レートが102.05にある場合、指標直後に一気に70pip程上下する可能性を考えて、102.70位に決済レートを変えておいた方が大きな利益が得られます。また、同様に、下がる場合も考えて、新規注文レートも下げておいた方がよいです。
 
思った程レートが動かず、約定しないリスクもあるので注意が必要ですが、長期的に見れば何もしないよりはよいです。心配なら小さめにレートを動かすようにすればいいでしょう。

また、指標後にレートが大きく動くのはせいぜい30分程度なので、それより前にはレートを戻しておいた方がいいです。

ループイフダンではこのような変更ができないのはちょっと残念です。この点では本家トラリピや手動トラリピに軍配が上がります。 
 
マネースクウェア・ジャパン

★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑

ループイフダン・トラリピ手法(擬似トラリピ)とは指定した値幅でイフダン注文による新規・決済を自動的に繰り返すものです。
 
この手法を手動で行っていた人は昔からいたのですが(擬似トラリピ、手動トラリピなどと呼ばれます)、FX業者が自動で行ってくれているのはマネースクウェア・ジャパンだけでした。
マネースクウェア・ジャパンが特許を持っているため、他社は参入できませんでした。
 
ところが、最近になってループイフダンというトラリピとよく似た機能が出てきました。
そこで、あらためてトラリピ手法について考えてみたいと思います。

擬似トラリピのメリット
 
●レンジ相場なら、ほっといても利益が出る。
レンジ相場である期間は結構長いものです。その間、コンスタントに毎日そこそこの利益が出るのは嬉しいです。

塩漬けポジを抱えることも多いですが、ループイフダン、トラリピは通常下がっても大丈夫なように長期安定運用を目指して小さなポジションにするので(というか、そうしないとハイリスクです!注意!)、そのうち決済されると安心して放置していられます。

●裁量トレードに負けない位の利益が得られる
値幅やポジションサイズ等の設定により変わるとは思うのですが、私がドル円値幅50pipで行っている感じではドル円や株価指数の上昇率と比較してもより高いリターンを出しています。

●スワップでもコツコツ稼げる
相場によってはなかなか決済されないポジションを持つこともありますが、プラススワップのポジションを取るようにしていれば、スワップだけでも結構儲かります。豪ドルなら多くの業者で1万ドルあたり50円以上も入ります。(金利状況によってマイナスに転換することもあるので注意する必要はあります)

●ストレスがたまらない。
メンタルケアは投資では重要です。スキャルやスイングなどの裁量トレードだと一生懸命考えたあげく勝ち負けを繰り返すので、感情の起伏が激しくストレスがたまります。自動イフダンなら毎回頭を使って取引する必要はないので全然疲れないです。

●初心者にも簡単。
相場状況を考えて何を売買するかを考える必要がないので初心者でも簡単に取引できます。(儲かるとは限りません)

擬似トラリピのデメリット
 
●レンジを超えたら損失が膨らむ。
基本的にはナンピン買いと同じようなものなので、相場が想定レンジを超えて下がったら、大きな損失を抱えることになります。勝率は高いですが、一度の負けで大損する(いわゆるコツコツドカンという負けパターン)に陥る可能性があります。

●ポジションサイズが小さいので一回あたりの利益はスイングやスキャルより小さい。
ナンピン買い同様に大きなポジションを持つとリスクが高まるので、通常小さいポジションでイフダン注文するのが普通です。なので、上げ下げを繰り返す相場には強い反面、一気に上がる相場では大きな利益は得られません。

以上がトラリピ手法(ループイフダン、トラリピ)の特徴です。
設定によりリスクや損益が大きく変わるため、詳しくはバックテストを行うなどして評価・検証する必要があります。

最近は口コミや感想がネットに多くあるためそれらを比較して大体の評判はわかるでしょう。
私は以前から行っていますが、毎年数十パーセント以上のリターンを出しており、かなり優れた方法だと思っています。
★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑

ループイフダンに関連する情報として擬似トラリピ(手動トラリピ)の投資手法を紹介します。

「順張りトラリピ(逆指値トラリピ)」という手法があります。
これは上がった時も下がった時も常に逆指値(順張り)で新規を取り指値で決済するというものです。

レンジに強いという点では通常の指値(逆張り)によるトラリピと同じですが、レンジを抜けた時にも強いという特徴があります。

つまり、 通常の逆張りトラリピだとレンジを抜けた場合に必ず大きな損失を被るリスクがありますが、この方法であればレンジを抜けた時の損失が小さくて済む可能性があり、リスクを小さくできると言われています。

そこで、順張りトラリピのメリット、デメリットをまとめました。

メリット
●上げでも下げでも利益が出る。
通常の逆張りトラリピでは買いまたは売りの一方を行いますが、順張りトラリピでは買いも売りも行うので稼げるチャンスが多くなります。相場状況によっては通常の逆張りトラリピより利益が大きくなります(下記検証例を参照)。

●レンジを抜けた時に含み損を抱えるポジション数が小さくなる。
上値、下値がほぼ一定のレンジ(いわゆるボックス型。左図)の場合は、レンジを抜けた時に含み損を抱えるポジション数が一つで済みます(図のように下がった場合、赤矢印のポジションのみが残ります。)。
徐々に上値、下値が狭くなるレンジ相場(いわゆるペナント型。右図)では、含み損を抱えるポジション数が一つで済むとは限りませんが、通常の逆張りトラリピよりはその数が小さくて済みます。
順張りトラリピ

デメリット
●買い逆指値と売り逆指値に切り替わるまで2倍の値幅が必要。
値幅が10pipの順張りトラリピの場合、上がり続けているうちは10pip毎に利確できますが、ポジションを取った後に下がった場合、その下げにより利確できるのは20pip下です(10pip下がった時に売りポジションを持つため)。普通の逆張りトラリピなら10pip下げて10pip上がれば利確できますが、順張りトラリピではその値動きでは利確できません。よって、小さな上げ下げでコツコツ稼ぐには値幅を小さくしなければなりませんが、そうするとポジション数が増えやすくなるので注意が必要です。

●逆指値で新規注文を行うので約定時の滑りが大きい。
 
●買いスワップと売りスワップの差で損をする可能性がある。
多くのFX業者では売りスワップの方が大きいため、両建てしたままにするとスワップの差だけ毎日損することになります。

●自動化して提供している業者がない。
通常の逆張りトラリピであれば本家トラリピやループイフダン等で簡単に実行できますが、順張りトラリピを自動化して提供している業者はありません。
そのため、手動で行うか、自分でプログラム(順張りトラリピEA)を作って自動化するしかありません。 

★★★
 
以下、具体的な状況を想定して検証してみます。

例えば、100.5-100.9のレンジで100.5→100.9→100.5→100.9→100.5のように上げ下げを繰り返す値動きがあった場合を考えます。

値幅10pipの場合、順張りトラリピでは上げでも下げでも3回づつ利確できるので1サイクルあたり60pipの利益です。
普通の逆張りトラリピでは買いか売りの一方にするので、どちらも40pipの利益です。
 
こうしてみると順張りトラリピの方が有利に見えますが、順張りトラリピでは買い逆指値と売り逆指値に切り替わるまで2倍の値幅が必要なので、例えば100.60-70で上下する場合、通常の逆張りトラリピならその都度10pip稼げますが、順張りトラリピでは稼げません。
 
よって、同じ値幅(上の例では10pip)なら、比較的レンジ幅の広い動きには順張りトラリピが有効、レンジ幅の狭い動きには通常の逆張りトラリピが有効ということになります。

順張りトラリピの値幅を小さくすればもっとレンジ幅の狭い動きにも対応できますが、ポジション数が増えるリスクがあるため、その限界を見極めなければなりません。

どちらかが絶対有利という結論にはなりませんでしたが、面白いシステムだと思います。興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。 

  • 【関連記事】
  • 勝率5割でも勝つ方法!常勝FXトレーダー今井雅人の投資法
  • 平常心を維持する4つの方法。リスク管理のテクニック
  • 指標トレードの注意点。トラリピではレートを変えるべし
  • FXでお勧めの本について
  • 裁量トレードにお勧めの低スプレッドFX業者
  • ★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
    3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
    アイネット証券
    【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑

    ループイフダンやトラリピと並行して裁量トレードをする人も多いと思います。
    その場合に役立つ情報だと思うので、紹介させていただきます。
    主にスイングトレードに関するトレードテクニックですので、ループイフダンのリスク管理とは趣向が異なります。

    ★★★

    常勝FXトレーダーのマット今井こと今井雅人さんは国会議員(衆議院、維新)になる前は講演会等でよく投資手法等を教えていました。
    私も以前、誰でも見られるオンラインのセミナーで見たことがあり、その時にプロのトレーダーが使っているテクニックを説明していました。

    結構有名なのかなと思って最近調べてみたのですが、ネット上に検索できる形では残っていないようです。
    なので、今回はそれをまとめてご紹介します。

    ちなみに、何故私がこの方法を覚えているかと言うと、当時私が行っていた方法と全く同じだったからです。
    自分でごく自然に行っていた方法がプロの投資家と同じだと知り驚いた記憶があります。

    ★勝率5割でも勝つ方法!マット今井の必勝法
    儲けるための方法というより、正確に言えばリスク管理方法とでも言うべきものです。
    以下の手順通りに行います。どの工程も重要です。

    ●1回のトレードの許容損失額を、資金に対する割合で決める。
    一回のトレードの損失額(ロスカット時の損失)を最初に決めます。
    重要なのは、投資資金に対する割合(例えば5%)で決めるということです。

    例えば投資資金が100万円の場合、1回5万と決めた場合は20回負けたらゼロになってしまいますが、毎回5%の損失と決めておけば何度負けてもゼロにはなりません。
    20回負けても36万(100万円X0.95の20乗)は残ります。

    この割合が大きいほどハイリスクになるので、初心者は5%以下にするのがよいと思います。

    ●損切りポイントを決める。
    通常は重要なチャートポイントを少し(20銭位)こえたところにします。
    重要なチャートポイント例えばトレンドラインの下限や直近の安値、テクニカルサインが出ている場所等、適宜決定します。
    そのポイントから少しこえたところにするのは、ダマシに引っかからないようにするためです。

    ●ポジションサイズを決める。
    損切りポイントに達した時点の損失が許容損失額になるようにします。
    例えば、損切ポイントまで50pipで許容損失額が5万円だったら10万ドルになります。

    ●利食いポイントを決める。
    利食い額が損切り額の2倍となるポイントを目安にします。
    上の例だったら利食い額は10万円で利食いポイントは100pipとなります。

    チャートポイント等を考えて2倍より大きくしてもよいですが、なるべく2倍以下にはしないよう注意します。

    何故この方法だと勝率5割でも勝てるかというと、1回のトレードの利益が大きいため、同じ回数だけ損切りしてもトータルでは勝てるのです。
    上の例で1回勝ち1回負けた場合、100万円X1.1X0.95=104万5千円となります。

    勿論、この方法では利食いラインより損切りラインが近くなるため、1回のトレードでは損切りになる確率の方が高い可能性もあるのですが、実際はチャートポイントは壁となることが多いので、案外5割かそれ以上の確率で勝てます。

    そして、トータルでは勝率5割でも資金が増やせるということになります。
    この方法は色々応用が効くので知っておく価値は高いと思います。

    ★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
    3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
    アイネット証券
    【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑
    当ウェブページの一部、または全部の無断転載・複製を禁じます。