●ループイフダンの最大ポジション数ごとの目安資金(必要資金)(随時更新)
この記事では【カナダドル/円】を紹介します。
他通貨は下記リンクを参照して下さい。

 ドル円 豪ドル円 ユーロ円 ポンド円 ユーロドル 豪ドル/ドル NZドル円

目安資金の計算法や表の見方、設定の決め方のコツ等は上記ドル円のリンクを参照して下さい。

カナダドル/円でループイフダンの注意点

カナダは隣国のアメリカへとの貿易が多いことから、カナダ経済やカナダドルはアメリカの景気動向に大きく左右されます。
そのため、カナダドルを取引する場合は、アメリカ経済の動向がポイントになります。

カナダは原油などの資源が豊富であり原油価格の影響も受けやすいので注意が必要です。

同じ資源国通貨である豪ドルと比べると、カナダドルは高金利ではないためスワップは高くなく、スワップ目的なら豪ドル円の方が適しています。ドル円もカナダドル円より高スワップです。

カナダドル円のスプレッドは5pipと大きく、2pipのドル円や4pipの豪ドル円より大きいので、コスト面でも不利です。

アメリカより景気がよくなるということも少ないので、上昇を期待してカナダドルを買うくらいなら素直にドルを買った方がよい場合が多く、カナダドルはとっつきにくい通貨ペアの一つです。

史上最安値は57.89円(1995年4月10日)であり、2018年3月時点のレート82円から25円ほど離れています。
ドル円の史上最安値との幅(約30円)よりやや狭いものの、ドル円より簡単に史上最安値を割る可能性があります。

ドル円であればその為替レートが政治的に問題視されるため、重要なレート付近では介入等が期待されるものの、カナダドル円のレートはほとんど注目されていないため、カナダ特有の理由でレートが下落しても恐らく何のサポートもされません。

カナダドル円は裁量トレードでも微妙な通貨ペアですが、ループイフダンに適している理由も特にないため、あまりお薦めできません。
余程自信のある場合を除き、軽々しく取引するべきではないと思います。特に初心者には向かない通貨ペアです。

★ループイフダンの資金目安(必要資金)一覧表。

↓ 図はクリックで拡大。
カナダドル円20+80

最大ポジション数による違い等、基本的な傾向はドル円と同じですので、ドル円の記事の説明を参照して下さい。

ドル円の記事でも書いたように、チャートや相場状況をよく見て、ここまでは下がらない(上がらない)というポイントまでカバーできるように最大ポジション数を決めるのが効率よく稼ぐコツです。
資金に余裕があるなら取引数量を増やすのもよいと思います。

カナダドル/円 値幅40バックテストによる年間平均利益192,945円、1日平均742円。スワップを除く
カナダドル円40+80

値幅が大きい分だけ下落時にポジ数が増えにくいため損失合計額(下落時損失)や必要資金も小さくなります。

値幅が大きいと決済回数が少なくなり利益も小さくなるので、取引数量を増やす等して利益を増やすことも検討するとよいでしょう。

利益比較は下記リンクを参照して下さい。

★過去の利益
 バックテスト(後日追加予定)、月・日データ

カナダドル/円 値幅80バックテストによる年間平均利益106,036円、1日平均408円。スワップを除く
カナダドル円80+80

さらに値幅が大きくなるので必要資金が小さくてすみますが、利益も小さくなるので取引数量を増やす等の対応も検討するとよいでしょう。

カナダドル/円 値幅100バックテストによる年間平均利益
84,636
円、1日平均326円。スワップを除く
カナダドル円100+80

値幅80の説明と同様です。
 (更新履歴:2018年3月8日投稿、最終更新:2018年3月25日)

★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑