ループイフダン検証ブログ

ループイフダン攻略法&3万円キャッシュバックが貰えるキャンペーン中!【目安資金】【バックテスト】【投資法】等が人気記事。ループイフダン情報が最も詳しいブログです。「長所短所まとめ」等のお勧め記事を閲覧推奨。著書好評発売中!


タグ:サイクル注文

サイクル2取引という新機能が外為オンラインからリリースされます。

サイクル2取引とは何か

基本的機能は従来のサイクル注文と変わっておらず、一定の値幅で新規注文と決済注文を繰り返すシステムです。
ループイフダンと同様に、レンジ相場で簡単に大きな利益を上げることができます。

従来のサイクル注文からの主な変更点は以下の2点です。

新規注文がイフダン注文ではなくなった

「サイクル2取引は指値注文によるトリガー型の約定処理でなく、アルゴリズムによりダイナミクスに約定処理される」と説明されており、要するに新規注文が指値ではなく、指定レートになったのを確認して成行で発注する仕様に変わるようです。

決済注文は以前と同様に指値注文が適用されます。

12月18日(月)の正式リリース後に詳細な仕様を確認しましたが、2016年のバージョンアップ前のアイネット証券ループイフダンのような仕様で滑りをさらに小さくしたイメージです。
有利に滑ることはありましたが、不利に滑ることはほとんどなく、利用者にとっては指値より利益が大きいと思います。 

取引証拠金が少なくて済む

従来のサイクル注文はシステムを稼働させた時点で全ての注文の分だけ(最大ポジション数の分だけ)取引証拠金が必要でした。

サイクル2取引なら指値注文ではなくなったお陰で、取引証拠金は新規注文が発注されるごとに計算されるようになり、最大ポジション数になるまでの間は資金に余裕ができ、資金効率が上がります。

サイクル2取引

なお、最大ポジション数になった時には(従来と同様に)ポジション数の分だけ取引証拠金が必要になるので、長期放置型の戦略で運用する場合は注意が必要です。

ポジション数が増え、取引証拠金不足となった場合はサイクル2取引が停止し、新規注文が発注されなくなります。その場合、既に発注されている決済注文はそのまま残りますが、これは従来のサイクル注文を停止した時と同じです。

従来のサイクル注文、iサイクル注文はどうなるか

従来のサイクル注文はサービス停止となりますが、設定やポジション等を維持したままサイクル2取引に自動で移行されるため、特に利用者に不便はありません。
取引証拠金に余裕が出るので、その分で新たにサイクル2取引を始めるのもよいと思います。

iサイクル注文は今まで通り利用でき、特に仕様変更などはないようです。→2019年2月18日に仕様変更がありiサイクル2取引になりました。指値から成行に変更、証拠金減額など、利用者にとっては実質的な変更はありません。


サイクル2取引のメリット

従来のサイクル注文のメリット、デメリットはそのままなので、変更点のみ紹介します。

取引証拠金が少なくなる

上記の通りなので省略。

滑りで利益が増える可能性

指値注文ではなくなるので、指定レートになったところでシステムが新規注文を成行(クイックトレード)で発注することになり、発注から約定までの間にレートが変わり指定レートとはやや異なるレートで約定される可能性があります。

バージョンアップ前のループイフダンもそのような仕様となっており、稀に不利なレートで約定することもありましたが、多くの場合で有利なレートで約定しており、平均すれば有利なレートで約定していました。
そのため、サイクル2取引も従来のサイクル注文より利益が増える可能性があります。

リリース後に実際に検証してみた感じでもやはり利益が大きくなっています。

理屈上は指値と同様に、指定レートで約定させるシステムにすることも出来るので、そうなると思っていましたが、予想以上によいものになっています。
滑りがほぼ出ないし、出たとしても有利に(利益が大きくなるように)滑ることが多いので、以前より明らかに改善されました。

特許侵害リスクが減った

サイクル2取引には、恐らくマネースクウェア・ジャパン(マネースクエア)との訴訟を意識して開発したと思われる仕様も随所に見られます。
トラリピやその特許との違いがいっそう明確になっているので、特許侵害によりサイクル注文(サイクル2取引)が停止されるリスクは減ったと思います。

ちなみに、サイクル2取引も特許出願済です(特願2017-220225)。

サイクル2取引のデメリット

滑りで利益が減る可能性

上記の逆で、滑りが不利に働く可能性も一応あるので紹介しておきます。
ですが、実際に検証した結果では、ほぼ指定レート通りに約定し、有利に滑ることはあっても不利に滑るのはほとんどないので、問題ないと思います。

ループイフダンの方が利益が大きい

取引証拠金が減ったというのは魅力ですが、手数料やスプレッド、スワップを考えるとやはりループイフダンの方が有利です。(下表)

損益を左右する最も重要な要素はスプレッドと手数料というコストであり、ループイフダンの方が低コストなので利益が大きくなります。

通貨ペアが多いというメリットはあるので、NZドル円等のようにループイフダンにない通貨ペアで取引するならサイクル2取引がよいと思います。

サイクル2取引、ループイフダン、トラリピのスプレッド比較

iサイクル注文、ループイフダン、トラリピ比較スプレッド
↑スプレッドと手数料の合計で比較。カッコ内はスプレッドのみの値。ループイフダンは手数料無料。1000通貨で比較。

★★★外為オンラインの口座開設はこちらから↓★★★ 
 外為オンライン 
5000円キャッシュバック&手数料無料キャンペーン中↑

関連記事


(更新履歴:2017年12月7日投稿。2019年2月18日最終更新)
★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑

iサイクル2取引の新機能「トレンド」を紹介し、そのメリット、デメリット等を検証します。結論から言うとテクニカル次第なので勝てません。


iサイクル2取引新機能「トレンド」とは?

トレンドが上昇か下降かをシステムが判断し、自動で買い・売りを切り替えつつiサイクル2取引を継続する機能です。

従来のiサイクルでは自分でトレンドを判断して「買い」か「売り」を選択する必要がありましたが、今後は第3の選択肢「トレンド」機能を利用することにより、
 ①最初からシステムが自動でトレンドを判定して買い・売りを選択し、
 ②稼働後もリアルタイムでレートを監視しトレンドが変わったと判断した時に自動で買い・売りの切り替えをしてくれます。

iサイクル2取引「トレンド」のイメージ図
①最初に稼働させる時(取引開始時) ↓
iサイクル2取引トレンド機能。取引開始時①

②取引開始後のトレンド転換時 ↓
iサイクル2取引トレンド転換時②

トレンドの判断はローソク足のテクニカル分析で行われます。
ループイフダンやトラリピ等の他社にはない新しい機能なのは確かです。
2017年3月20日(月)にリリースされました。

イメージとしては「iサイクル2取引」と「テクニカルによる自動トレンド判定(自動売買)」を組み合わせたもので、今までの買いまたは売りを完全放置するiサイクル2取引よりもアクティブな運用をすることになります。

以下で詳しく解説しますが、ポイントは「テクニカルによる自動トレンド判定」と、「トレンド転換時の挙動」であり、かなりの確率で負けるシステムだと思います。

「トレンド」機能のメリット

テクニカルが当たる時なら「トレンド」が有効

テクニカルでトレンドが綺麗に判定できる相場では、自分でiサイクル2取引を調整するより強いと思います。
特に下落相場で買いのiサイクル2取引が損切りされ続ける状況よりは、自動で売りに転換してくれる方が利益は大きくなります。

自分で停止のタイミングを見極められない人や、最大ポジション数等の決め方がいい加減な人にとっては、「トレンド」機能に任せた方がいい場合もあるかもしれません。

相場の方向性や、買・売の判断不要

相場の方向性(トレンド)などは自分で考えるというのが投資の大原則なのですが、「トレンド」機能を使えば一応それを省略できます。
シストレ(テクニカルによる自動売買)等によく使われる宣伝文句です。

【注意】トレンド機能の説明のため無理やり書いているだけで、個人的にはメリットというのも嫌な位ですし、これを勧めるつもりはありません。むしろこうした詐欺的な宣伝文句は大嫌いですし、こんないい加減な姿勢では勝てないことを後述します。

使い方は簡単

今までのiサイクル2取引の使い方とほぼ同じで、「買い」、「売り」を選択する代わりに「トレンド」を選択するだけです。
 
「ランキング方式」はポジション方向で「トレンド」を選択(下図のオレンジ)するだけです。

【注意】 ランキング方式では、トレンドの自動切り替えによる損切りは「損切り回数(下表)」としてカウントされていないようです。トレンド切替がないまま損切りされた回数のみがカウントされています。
iサイクル2取引「トレンド」ランキング方式

「ボラティリティ方式(自分で想定変動幅などを入力する方式)」の場合はさらにテクニカルやローソク足(足種)を以下の候補から選択できます。(下図)
  • テクニカル(移動平均線、MACD)
  • ローソク足(移動平均線では4時間足、12時間足、日足、週足、月足。MACDでは1時間足、12時間足、日足、週足、月足)
iサイクル2取引「トレンド」ボラティリティ方式

「マトリクス方式」は「注文間隔(値幅)」と「想定変動幅(想定レンジ幅)」からなる損益表から選択する方法であり、こちらで「トレンド」機能を利用する場合はトレンド種別と足種(下図赤枠)を選択します。(6月26日リリース)
iサイクル2取引マトリクス方式

「トレンド」機能のデメリット

損切り連発で負け越しに

トレンド転換時の挙動が厄介です。
「トレンド」機能ではトレンド転換時にそのiサイクル2取引が持つポジションを全て成行で決済(損切り)し、約定していない注文は全てキャンセルされます。
 
残った注文がキャンセルされるのは全く問題ないのですが、損切りは特に厄介であり、その損失を取り戻すのが難しいです。

例えば、買いのiサイクル2取引で始まった場合、天井からある程度下落した時にトレンドが転換したと判定されるため、トレンド転換時には必ず含み損のポジションを損切りすることになります。

その後、長期下落相場になるのであれば損切り分の損失を取り戻せますが、1年の8割はレンジと言われる通り、実際には多くの場合レンジ相場となり、ある程度下落したらまた反発してしまいます。

そのため、結局損切りを繰り返しトータルの損益もずっとマイナスという状況に陥りやすいです。

損切りすることなくレンジ相場を細かく利益化するのがiサイクル2取引やループイフダン等の連続売買の最も効率的な使い方なのに、トレンド判定による自動切り替えを無理やり組み込んだら、レンジ内で損切りを繰り返す極悪なシステムに成り下がります。

トレンド判定による買い・売りの自動切り替えは、いわゆるシストレ(テクニカル分析に基づく自動売買)ではよく行われているものですが、そのようなポジションが一つの単純なシストレでも勝てないのに、それよりポジション数や含み損などのリスク管理が難しいiサイクル2取引で勝つのはさらに困難です。

もし本当に「トレンド」機能を一度設定するだけで勝ち続けられるなら夢のようですが、いつも言っているように「投資に必勝法はありません」。
現状で公開されているシステムの仕様から考えれば、「トレンド」機能で勝てる可能性は限りなく低いと思います。

このようなシステムを開発する際、普通ならある程度はバックテストを行うはずなのですが、外為オンラインはそれをやっていないか、後回しにしているのかもしれません。

トレンド転換時に同じ設定で継続

買・売の自動切替では、取引数量や最大ポジション数などが取引開始時と同じ設定にされます。
 
取引数量や最大ポジション数は相場の方向性やファンダメンタルズ、現在レート等をよく見て決めるべき重要な項目であり、取引開始時と同じ設定にするのが妥当だとは到底思えません。

従来のiサイクル2取引と同じ感覚で取引数量等の決めてしまうと、予想以上に損失が拡大する可能性があります。

適切な取引数量、最大ポジが不明

「トレンド」機能に合わせた取引数量等の決め方は、「テクニカルによる自動トレンド判定」に合わせて決める必要がありますが、これはバックテスト等に基づくいい加減な手法がしかないのが実情です。

しかも、いわゆるシストレ(テクニカルによる自動売買)と同様に、その仕様が公開されていないため自分でバックテストするのは不可能ですし、業者の提供する都合のいいところだけを切り取った情報を信じるしかなくなります。

これでは取引数量や最大ポジション数をいくつにすればいいかわからず、シストレを勧めるうさん臭い業者やアナリスト等の言うとおりに設定して結局損をするのと同様に、悲惨な結果になるのが目に見えています。

テクニカルによる自動売買は業者必勝、顧客必敗

断言しますが、テクニカルによる自動売買や自動トレンド判定は業者必勝、顧客必敗の詐欺的なシステムです。
以下の記事で詳しく解説しているので未読の方は必ず参照して下さい。

テクニカル・シストレのデメリット。テクニカルで最も重要なこと

まだリリースされていない機能なので今後実物を詳しく検証した上でその評価を続けていきますが、上記記事に書いた通り、「トレンド」機能は「テクニカルベースの自動売買は絶対やってはいけない。業者必勝、顧客必敗」に該当する可能性が高く、過剰な期待をすべきではありません。

あまり否定的なことばかり書くのは気が引けるのですが、利益を最大化すべく利用者目線で正直に考えれば、やはり「トレンド」機能は使わない方がよいと思います。

●その他の注意点。
「トレンド」機能は利用できる口座数が制限され、選択した注文設定が登録できない場合があります。
また、店頭取引におけるiサイクル2取引でのみ利用でき、くりっく365では使えません。

今まで通り、買いまたは売りだけのiサイクル2取引は当然に利用できます。

複数のiサイクル2取引同時稼働OKに

「トレンド」機能とは無関係な話ですが、同日に発表されたいいニュースも紹介します。

今まではiサイクル2取引には同じ通貨では買い・売りそれぞれ一つづつしか稼働できないというデメリットがありましたが、2017年3月20日(月)の「トレンド」機能リリースと同時に、複数のiサイクル2取引が同時稼働できるようになります。

これにより、例えばドル円値幅15pips買いのiサイクル2取引を2つ以上同時に稼働させることができますし、もちろん値幅や取引数量、最大ポジション数などを変えたiサイクル2取引も同時稼働できます。

さらに、iサイクル2取引だけでなく「サイクル2取引(追従機能なしのiサイクル2取引)」も複数同時稼働できるようになっています。(公式発表はないですが動作確認済み)


iサイクル2取引「トレンド」の特許

特許出願中とは公表していませんが、iサイクル2取引では特許を出願していたのでこの機能にも特許出願している可能性があります。
トラリピのマネースクウェア・ジャパン(マネースクエアに名称変更)との特許侵害訴訟の第1審では外為オンラインが勝訴しています。

訴訟経過は以下の記事を参照して下さい。

トラリピ・iサイクル注文(iサイクル2取引)の特許侵害訴訟を解説【トラリピ敗訴→控訴審で一部差し止め】 

特許侵害訴訟でマネースクウェア・ジャパンに勝ち、勢いづいているのは結構なことですし、私としても外為オンラインを応援したいと思っていますが、「トレンド」機能のような余計なシステム開発に投資する位なら手数料を無料化して欲しいと思います。

ループイフダンの方が有利

「トレンド」機能はともかく、複数同時稼働できるようになったのは大きな改善であり、ループイフダンと比べても機能面での違いもほとんどなくなり、iサイクル2取引が大幅に使いやすくなったのは確かです。

しかし、手数料やスプレッド、スワップを考えるとやはりループイフダンの方が有利です。(下表)

通貨ペアが多いというメリットはあるので、NZドル円のようにループイフダンにない通貨ペアで取引するならiサイクル2取引がよいと思います。

iサイクル2取引、ループイフダン、トラリピ比較スプレッド
↑スプレッドと手数料の合計で比較。カッコ内はスプレッドのみの値。1000通貨で比較。

iサイクル2取引、ループイフダン、トラリピ比較スワップ
↑ 買スワップ/売スワップのように表示。1万通貨あたり。2017年2月27日時点

★★★外為オンラインの口座開設はこちらから↓★★★ 
外為オンライン
5000円キャッシュバック&手数料無料キャンペーン中↑
 

関連記事

 (更新履歴:2017年3月1日投稿、2017年12月21日更新、サービス変更に伴いサイクル注文をサイクル2取引に変更。2019年2月18日更新、サービス変更に伴いiサイクル注文をiサイクル2取引に変更。)
★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑

iサイクル注文を最大19同時稼働させる方法。(2017年12月22日更新。情報提供者「iサイクル試行錯誤中」さんに感謝!)

(2017年3月20日に、複数のiサイクル注文が同時稼働できるように仕様変更されたため、この記事で紹介する対処は不要になりました。この記事は参考のため残しておきます。)

iサイクル注文には、1つの通貨につき1つまでしか稼働できないというデメリットがあります。

(例えばドル円で2つの買いiサイクル注文を出すことはできない。買と売を一つづつ稼働させるのは可能。)

iサイクル注文はキャンペーン中のため手数料無料であり、低コストの優れたシステムなので、このデメリットにもうまく対処して賢く使いたいところです。 

そこで、今回はこのデメリットに対処する方法を2つ紹介します。

(追記。 2016年9月26日のループイフダンのバージョンアップによりループイフダンでもiサイクル注文と同じように追従する機能や自動損切りする機能が追加され、さらに同時に同じループイフダンを複数稼働できるようになったため、この記事で紹介するiサイクル注文のデメリットの対処法よりループイフダンに変える方がよいと思います。スプレッド、スワップもループイフダンの方が有利ですし、iサイクル注文を使うべき理由はありません。)

★3つの会社を並行して使う。
iサイクル注文は現在以下の3社で提供されています。(リンクでは各iサイクル注文を詳しく説明しています)
これらの会社で1つづつiサイクル注文を稼働させれば、1つの通貨について設定の異なる3つのiサイクル注文を同時稼働させることができます。

例;ドル円買いのiサイクル注文を、外為オンラインでは取引数量1000、値幅10、FXトレーディングシステムズでは取引数量2000、値幅20、ライブスターFXでは取引数量10000、値幅100のように並行稼働可能。

この方法には以下の点に注意する必要があります。

●3社ともスプレッド、スワップが異なる。
一番有利な会社だけ使うのがコスト的にはよいので、通貨毎に確認する必要があります。
特にライブスターFXはスワップは高いものの、現状では手数料無料キャンペーンがなく取引数量が1万通貨からなので注意が必要です。

●3つの会社を使うことになるので資金移動、資金管理が必要。
この対処法を使う場合は3つiサイクル注文は同じ通貨の買い(または売り)となるため、損益の方向性も同じになります(3つともプラスか、3つともマイナスになる)。

そのため大まかな損益は把握しやすいですが、場合によっては3社ともに資金が不足するといった事態も起こりうるので資金管理に注意が必要です。

★外為オンラインで4つのiサイクル注文、サイクル注文を稼働させる方法。(2015年2月22日追加)
 
外為オンラインには4つのコースがあり(下記)、それぞれ独立したシステムとなっているため、最大4つの同じiサイクル注文を稼働させることができます。
また、サイクル注文も同じ方法で4つ同時稼働できます。
 
コースによって最低取引数量、ロスカット基準が違うことと、それぞれに資金移動する必要があること(即時反映なので簡単)に注意すれば非常に使える方法だと思います。

●外為オンラインの4つのコース。
各コースの違いは最低取引数量、ロスカット基準です。
 
「mini」コースは1000通貨なので少額から出来るメリットがあります(L25 miniとL35R miniの2コース。mini以外は10000通貨から)
「R」コースは証拠金の100%でロスカットされるのでロスカットされやすいですが、R以外は20%なのでロスカットされにくいです。

最低取引数量ロスカット基準
L2510,00020%
L25 mini1,00020%
L25R10,000100%
L35R mini1,000100%

各コースの詳細は下記公式を参照。
http://www.gaitameonline.com/fx-info_w06.jsp
コースの追加方法は、PC版取引システムで「設定メニュー」→「コース追加申込み」を選択するだけで、開設・維持手数料等はありません。

FXトレーディングシステムズ(トラッキングトレードで最大9コース)、ライブスター証券(最大5コース)でも同様のことができるため、3社合わせれば18の同じ通貨の買いiサイクル注文を稼働させることができます。

さらに2015年10月5日から「くりっく365」もできるようになり、そこでもiサイクル注文・サイクル注文が利用できるので合計19のiサイクル注文、5のサイクル注文を稼働できます。(2015年9月22日追記)

複数のiサイクル注文を稼働させることにより利益を増やすことも期待できるので興味のある方は試してみるとよいと思います。
 
★★★外為オンラインの口座開設はこちらから↓★★★
外為オンライン
5000円キャッシュバック&手数料無料キャンペーン中↑
★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑

iサイクル注文、サイクル注文を停止後に再稼働させる方法(2017年12月22日更新)
(2017年3月20日に、複数のiサイクル注文が同時稼働できるように仕様変更されたことに伴い、iサイクル注文停止後のポジションが残っていてもiサイクル注文を再稼働できるようになり、この記事で紹介する対処は不要になりました。この記事は参考のため残しておきます。)

iサイクル注文、サイクル注文は停止させても元のポジションが残っていると同じシステムを新たに稼働できないというデメリットがあります。(上記関連記事参照。例えばドル円買いのサイクル注文を停止させそのサイクル注文のポジションが残っている場合、ドル円買いのサイクル注文を新たに稼働させることはできない。売りのサイクル注文やiサイクル注文、他通貨なら追加可)

iサイクル注文やサイクル注文(iサイクル注文等と略します。)はキャンペーン中のため手数料無料なので、このデメリットにもうまく対処して賢く使いたいところです。

そこで、今回はその対処法を紹介します。
なお、FXトレーディングシステムズ(FXブロードネット)のトラッキングトレードもiサイクル注文と同じなのでここで紹介するテクニックが有効です。
 
(追記。 2016年9月26日のループイフダンのバージョンアップによりループイフダンでもiサイクル注文と同じように追従する機能や自動損切りする機能が追加され、ほぼ同じ機能になりました。iサイクル注文では、上記のデメリットや、1つの通貨につき買・売それぞれ1つまでしか稼働できないというデメリットがありますが、ループイフダンではそのようなデメリットがないため、ループイフダンに変える方がよいと思います。スプレッド、スワップもループイフダンの方が有利ですし、iサイクル注文を使うべき理由はありません。)
 
●「ポジションの取り直し」が有効。
ループイフダンで取引数量を変更したり節税する時等に有効な方法として「ポジションの取り直し」を紹介しましたが、同じテクニックがiサイクル注文等にも有効です。

つまり、iサイクル注文等を停止した後に残ったポジションを一旦決済し、同じ取引数量で買い直します(決済レートも入力しておくことを推奨)。
そうすると、iサイクル注文等を新たに稼働させることができます。

★ポジションの取り直しのメリット。 

●iサイクル注文等を再稼働できる。
残っていたポジションを決済すれば再び同じポジションを建てたとしてもiサイクル注文等を再稼働できるようになります。

●元のポジションと同じ決済利益が期待できる。
単にポジションを決済するだけだと、元のポジションの決済レートに戻った時に得られるはずだった決済利益は得られなくなりますが、ポジションの立て直しをして以前と同じ決済レートを設定しておけば以前と同じ決済利益が得られます。

ポジション取り直しのデメリット。 

●買い直す際にスプレッドコストが発生する。
スプレッドコストについては外為オンラインはスプレッドが小さいのでそれほど気にする必要はないと思います(ドル円1万通貨あたり100円)。
 
再稼働させて一回でも決済利益が得られれば取り戻せる程度のコストなので、再稼働させないまま放置するよりスプレッドコストを払ってでも再稼働させた方がよいです。

ポジション数が多い場合は一つ一つのスプレッドコストは小さくても総和では大きくなってしまうので、ポジションの立て直しの際にスプレッドコスト分(ドル円なら1pips)だけ決済レートを大きめにすればスプレッド分のコストを回収できます。

どうしてもスプレッドコストを払いたくない場合は、他社のiサイクル注文を使ったり(こちらの記事参照)、ループイフダンで代用する等でも対処できます。

●含み損益が確定損益に変わる。
含み損益が確定損益に変わると年内の確定損益の額によって節税できなくなる場合もあるので、納税額を計算しつつ判断する必要があります。(ループイフダン等の節税法の記事を参照)
 
確定利益が20万(38万)以下となり納税しなくても済みそうな場合は特に注意して下さい。

★外為オンラインでポジションの立て直しをするのは簡単。
ループイフダンでポジションの立て直しをする場合は、同じシステムだと成行で買ったり希望するレートで指値決済することができないため(値幅の違うループイフダンで同じ取引数量、最大ポジション数1としポジションの立て直しをすることも一応可能ですが)他社システムを使う等しなければならないというデメリットがありました。

ですが、外為オンラインは同じシステムで普通のFXができるためポジションの立て直しは簡単です。(他社システムを使ったり、他社に資金を移したりする必要がない)

★★★外為オンラインの口座開設はこちらから↓★★★ 
外為オンライン
5000円キャッシュバック&手数料無料キャンペーン中↑
★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑


外為オンラインで「iサイクル2取引」と「サイクル2取引」という人気のシステムが提供されています。
これはループイフダンやトラリピと同様に一定間隔の値幅で売買を繰り返すというものです。

非常に簡単にまとめると、
  •  「iサイクル2取引」は損切りアリのループイフダン、
  •  「サイクル2取引」は損切りナシ&高値更新時に逆指値で買わない&各注文レートを自由設定可能なループイフダン、
といったイメージです。
 
特許出願済(特願2014-012450、特願2014-072067、特願2014-110510)らしくトラリピに対抗している感じがします。
さっそく使ってみたので詳しく説明します。

(追記。 2016年9月26日のループイフダンのバージョンアップによりループイフダンでもiサイクル2取引と同じように追従する機能や自動損切りする機能が追加され、ほぼ同じ機能になりました。iサイクル2取引では、1つの通貨につき買・売それぞれ1つまでしか稼働できないというデメリットがありますが、ループイフダンではそのような制限がなく同時に同じループイフダンを複数稼働できるようになったため、ループイフダンに変える方がよいと思います。スプレッド、スワップもループイフダンの方が有利ですし、iサイクル2取引を使うべき理由はありません。)

手数料無料キャンペーン実施中!
口座開設から90日手数料無料となるキャンペーンを実施中です。
その後も決済手数料無料キャンペーンがあるので、新規手数料200円(2pip相当)だけで済みます。

ドル円スプレッド1pipなので手数料含めると最初の90日は1pip、その後は3pipとなります。(ループイフダンは手数料無料でドル円スプレッド2pipなので90日を過ぎたらループイフダンの方がお得です)

さらに今なら5000円キャッシュバックキャンペーンもあります。(下記バナー)
コスト重視の私もループイフダンと平行して使っています。
外為オンライン

●メリット:
  1. ループイフダンやトラリピ同様に一定間隔の値幅で売買を繰り返す。
  2. 値幅、取引数量、最大ポジション数の設定をシステムが自動計算してくれるので設定が簡単。自分で変更することも可能。
  3. 「iサイクル2取引」はレンジ上限、下限を自動で変更し追従するため簡単。
  4. 「サイクル2取引」は追従しないので自分の好きなレンジに制限できる。各注文の値幅も個別に変更可能。
  5. 対応通貨が多い。24種。ポンドドル等、ループイフダンにはない通貨がある。
  6. 1000通貨から取引可能。(miniコースを追加する)
  7. スプレッドが小さい。ドル円1pips
●デメリット:
  1. 手数料が往復4pips相当(新規注文時に往復分徴収)
  2. 1つの通貨につきiサイクル2取引、サイクル注文はそれぞれ1つまで(例えばドル円で2つの買サイクル注文を出すことはできない。また、サイクル注文を停止しても元のポジションが残っていると同じシステムは新たに稼働できない。買と売を一つづつ稼働させるのは可能。また、1つの通貨でサイクル注文とiサイクル2取引の両方を同時に稼働させることは可能。) → 2017年3月20日に、複数のiサイクル2取引が同時稼働できるように仕様変更されため、このデメリットはなくなりました。
まず、「iサイクル2取引」と「サイクル2取引」とは何かを説明し、各観点からトラリピやループイフダンと比較します。


簡単にまとめると以下のようになります。
  •  一定間隔の値幅で売買を繰り返す。
  •  値幅・値幅間隔・変動幅(取引レンジ)はシステムが自動で計算する。手動でも変更可能。
  • 相場の上昇下落の変動に合わせて、自動追従し注文を繰り返す。(自動追従とはループイフダンのようにレンジ上限を抜けた時に逆指値で買うという意味。ループイフダンとは異なり、レンジ下限を抜けた時に損切りしつつ新規で買うという意味もある)
  •  注文形式は成行(指定レートになったのを確認後に成行で発注。厳密に言えば指値ではないが実質的には指値と同じ)
  •  取引手数料は往復4pips相当(新規注文時に往復分徴収)
iサイクル2取引イメージ図。外為オンライン
↑ 「iサイクル2取引」イメージ図。下記外為オンラインHPより引用。図ではiサイクル2取引と書かれていますが、これは変更前の名称です。
http://www.gaitameonline.com/pdf/newsrelease20140916.pdf

●値幅等の自動設定について。
一定間隔の値幅で売買を繰り返す点はループイフダンやトラリピに近いイメージですが、値幅・値幅間隔・変動幅(レンジ)の計算をシステムが自動で計算してくれるのが特徴です。

現時点では以下を確認しましたが、そのアルゴリズム(特に値幅と最大ポジション数の決定法)を解析し、こちら(iサイクル2取引の値幅・注文数を検証。注文数・レートを自由に変更する方法)で紹介しているので、手動で好きな設定ができます。

iサイクル2取引もサイクル2取引もポジション決めるアルゴリズムは同じのようです。

●各要素の計算式
損切りレート=新規レート-想定変動幅
利食いレート=新規レート+値幅   
値幅=想定変動幅÷最大ポジション数 (値幅X最大ポジション数=想定変動幅)
最大ポジション数=注文数
 
想定変動幅(取引レンジ)の設定は、「参考期間(選択式)」を選択する事により、過去の実績から「想定変動幅」の参考値をシステムが自動算出しますが、手動で変更することができます。
 
その期間で最もパフォーマンスのよかった設定を自動選択するということのようで便利です。
期間が長いほど想定変動幅も大きくなるようです。

値幅間隔の設定は、「想定変動幅」と 「対象資産(お客様の運用資産)」 の入力を行う事で、注文数、値幅、最大ポジション数をシステムが自動算出します。

こうした設定が面倒という方にはこの機能を使うのは便利だと思います。
システムを使えるようにしておくメリットはあるので口座開設しておくとよいと思います。

iサイクル2取引を稼働させた後は注文レートを変更できないので注意して下さい(iサイクル2取引を止めてから成立しているポジションの決済指値・逆指値レートを変更することは可能)。

(青字部分↓は参考情報なので読み飛ばしてもOKです。)

●用語説明。
■参考期間とは?(想定変動幅を自動計算するためのもの。手動で変更できるのであまり気にする必要はない)
過去の値動きで、どれくらいの期間を参考にするか選択します。
参考にする期間によって、取引条件を算出する際の想定変動幅が決まります。
 
■対象資産とは?
iサイクル2取引で取引をしたい金額を入力します。
なお対象資産は、取引条件を自動算出する際に参考となる値で、お客様の損失を限定するものではありません。
(対象資産の上限は、新規注文可能額=口座資産+評価損益-出金依頼額-注文中証拠金-取引証拠金 のようです) 

■想定変動幅とは?
取引条件を算出した際、ポジションにおける指値から逆指値(損切り)までの幅を示します。(要するに発注する注文群の一番レートが低いものと高いものの幅です。)
(上限は5000pipsです)

http://www.gaitameonline.com/icycle/index.html より。 括弧内は私の補足。

●注文形式について。(2019年2月18日更新)
2019年2月18日、注文方式が指値ではなく成行で発注されるよう変更されました。

外為オンラインのホームページには「アルゴリズムによりダイナミクスに約定処理される」と書いてありますが、要するに「指定レートになったのをシステムが確認した後に成行で発注される」という意味です。

従来のiサイクル注文がそのままiサイクル2取引に移行されるので、利用者からすれば特に不利益はありません。
統計的には成行だと有利に滑ることが多く、指値から成行に変えると利益が大きくなるので、iサイクル2取引はiサイクル注文より有利だと思います。

(以下、取り消し線を入れているのは、変更前の仕様)
IFDONE注文なのでループイフダンのようにスリッページが発生しにくいのがメリットです。
OCO注文でもあるので利食い決済注文と損切り決済注文を同時に出します。(損切りレート=新規レート-想定変動幅。利食いレート=新規レート+値幅)

ループイフダンやトラリピのような等値幅の自動売買システムではなるべく損切りしないような設定にして長期安定運用を目指す戦略にする方が多いと思うのですが、狭めに損切り決済注文を出す設定にするとこうした戦略が取れないので注意が必要です。

上記した通り、「損切りレート=新規レート-想定変動幅」なので、なるべく損切りをしたくない場合は想定変動幅を大きくするとよいです。
想定変動幅は最大50円(5000pips)まで設定可能です。

また、設定を変更する方法はこちら(iサイクル2取引の値幅・注文数を検証。注文数・レートを自由に変更する方法)で詳しく紹介しているので参照して下さい。


★「サイクル2取引」とは何か。
簡単にまとめると以下のようになります。
  • 一定間隔の値幅で売買を繰り返す。
  • 値幅、取引数量、最大ポジション数の設定をシステムが自動計算してくれる。その後、手動で変更することも可能。
  • ポジションの決済レートが一つ上の新規レートに一致するように自動調整されるので、簡単に隙間なく注文できる。
  • レンジを上限・下限の変更はなく自動追従しない。
  • 注文形式は実質的にIFDONE注文。レートも変更可能。
  • 損切り注文は発注されないので自分の好きなレートで損切りできる。
  • 取引手数料は往復4pips相当(新規注文時に往復分徴収)
サイクル注文イメージ図。外為オンライン
↑ 「サイクル2取引」イメージ図。下記外為オンラインHPより引用。
http://www.gaitameonline.com/pdf/newsrelease20140916.pdf

「iサイクル2取引」ではシステムが値幅等を自動設定し相場の動きに追従しますが、「サイクル2取引」では追従しない(上昇時に逆指値で買わない)のが大きな相違点です。
そのため、意に反して高値のポジションを持つことがないというメリットがあります。

自分でレンジ上限・下限や新規・決済レート指定を設定出来るのでイメージとしてはトラリピに近く、その中で一定間隔の値幅で売買を繰り返すことができます。

レートは自動計算された後に手動で変更できます。一つ下のポジションの決済レートが一つ上の新規レートに一致するように自動調整されるので、簡単に隙間なく注文できます。

また、注文一覧が表示された時に左のチェックマークをクリックすると注文数(最大ポジション数)を減らせるので注文数の変更も容易です。自動計算時に注文数を多くするには想定変動幅、対象資産を大きめにするとよいようです。こちら(サイクル2取引の注文数・レートを自由に変更する方法)で詳しく解説しています。

注文形式が、「iサイクル2取引」ではIFDONE+OCO注文ですが、「サイクル2取引」では損切り注文は発注されないので、損切りは手動で行うことができます。(恐らくマネースクエアとの特許回避のため、サイクル2取引、iサイクル2取引は成行で発注される仕様に変更されています。2019年2月18日追記)

(2017年12月7日追記。旧サイクル注文がバージョンアップされ「サイクル2取引」に変わったことにより、上記のような従来の機能をそのまま残しつつ、取引証拠金が少なくなる等のメリットがあります。)


各項目について比較します。

●スプレッド・手数料。
外為オンラインのスプレッド・手数料は以下の通りであり、なかなかよい水準です。
手数料無料期間の90日はドル円1pipと低コストですが、その後はドル円3pipとなるのでループイフダンのドル円2pipの方が低コストになります。

ループイフダンは下記の4通貨ペアだけですが、外為オンラインは通貨ペアが24種もあり、スプレッドも小さい水準なので色々な通貨ペアで低コストに取引できるのが魅力です。

 スプレッド一覧 http://www.gaitameonline.com/dealings.jsp 

外為オンライン アイネット証券 ひまわり証券 トラリピ
ドル円 5(1) 2 4.16(2)14(4)
豪ドル円 7(3) 4 7.16(5) 16(6)
ユーロ円 6(2) 3 6.16(4)15(5)
ポンド円 7(3) 5 9.16(7)18(8)
スプレッド+手数料。カッコ内はスプレッドのみの数字。単位はpips。
外為オンラインは往復4pips相当(新規注文時に往復分徴収)。
アイネット証券は手数料無料。ひまわり証券は投資助言手数料が取引数量1万通貨あたり片道108円。トラリピ手数料は1万通貨単位未満で往復10pips(上表)、1万通貨以上で往復6pips。

●スワップは同じ。
外為オンライン、ひまわり証券、アイネット証券ともに同じスワップで、概ねトラリピよりは有利です。
スワップが同じなのは、いずれもISホールディングスの傘下にあるためと思われます。

外為オンライン アイネット証券 ひまわり証券 トラリピ
ドル円 3/-10 3/-10 3/-10 3/-23
豪ドル円 60/-75 60/-75 60/-75 57/-77
ユーロ円 0/-10 0/-10 0/-10 0/-20
ポンド円 5/-20 5/-20 5/-20 17/-37
買スワップ/売スワップのように表示。2014年9月26日時点

●最低取引数量。
外為オンライン、アイネット証券、トラリピは1000通貨からなので少額から取引できます。
ひまわり証券は10000通貨からです。


★iサイクル2取引「ランキング方式」とは何か【新機能】
2016年1月22日にiサイクル2取引がバージョンアップされ、「ランキング方式」でも注文することが出来るようになりました。
 
「ランキング方式」とは、過去1~3ヶ月の実績から高い利益を出しているものがランキングされ、そのまま注文出来る便利な機能です。(下図)
各通貨ペアで想定変動幅(損切り幅)500~5000pip、注文間隔(値幅)10~100pipのものが網羅されているので、ほぼ全てのパターンから選択出来ます。
 
以前の方式(「ボラティリティ方式」と呼ばれる)も利用出来るので、選択肢が増え利便性が向上しました。

iサイクル2取引ランキング方式。ループイフダン検証ブログ

★ランキング方式の長所短所まとめ。
●メリット。
利益の高いシステムの選択が容易。
過去の実績からシステムを選択出来るので、直近の相場に合ったシステムが一目瞭然です。決済損益だけでなく、利食い回数や損切回数もわかります。従来のように参考期間や想定変動幅等を入力する必要もないので、それらをどれ位にしたらよいかで悩むこともありません。

特定の通貨ペアだけでなく、全ての通貨ペアの中から利益が最大のものを表示・選択できるので 、通貨ペアの選択にも利用できます。

利益以外でも検索・ソート出来る。
デフォルトでは決済損益に基づくランキングになっていますが、注文間隔や最大ポジション数、新規注文可能額等からもソート出来るので、自分に合った設定のものを選びやすいです。

微修正も可能。
「微修正後注文」というオプションがあり、ランキングの設定を従来の方法で微修正出来ます。

●デメリット
過去の実績通りとは限らない。
ランキングはあくまで過去の実績であり、今後もその通りのパフォーマンスになる保証はなく、ランキング通りに選択するのが最適とは限りません。ランキングだけでなく今後の相場展開も考えつつ選択するのがよいと思います。


★iサイクル2取引「マトリクス方式」とは何か【新機能】
2016年4月25日にiサイクル2取引「マトリクス方式」がリリースされました。
 
「マトリクス方式」とは、下図のように「注文間隔(各注文の間隔。図の横軸)」や「想定変動幅(ロスカットまでの値幅。図の縦軸)」に応じた過去の利益等がマトリクス(表)で表示される機能です。

様々なデータがひと目でわかるので、さらにシステムが選びやすくなりました。

iサイクル2取引マトリクス方式。ループイフダン検証ブログ

↑マトリクス方式で決済損益pipsを表示した図。青の部分が現在の資金から選択可能なシステムになっている。図の右や下の矢印でリスクの大きさもわかる。決済損益pips以外のデータも下のアイコン(赤)をクリックすると表示される。

●マトリクス方式で表示できるデータ。
  • 決済損益pips(選択した期間での「決済利益-損切損失」。含み損は含まない)
  • 利食回数
  • 損切回数
  • レンジ内最大必要証拠金(想定変動幅と注文間隔(ポジション数)から必要な証拠金の合計)
  • レンジ内最大評価損pips(想定変動幅と注文間隔(ポジション数)による評価損の最大値)
  • レンジ内最大必要資金(想定変動幅と注文間隔(ポジション数)から必要な資金)
  • レンジ内最大ポジション
シミュレーション期間(バックテスト期間)は1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月の3つから選べます。
通貨ペアは通常のiサイクル2取引と同じく24種類から選択できます。
買、売(ポジション方向)の切り替えも可能です。

ランキング方式から選択可能なものが全て表示されているので、順位を見たい時はランキング方式、各設定を比較しながらシステムを選びたい時はマトリクス方式が適しています。

★ランキング方式の長所短所まとめ。
●メリット。

各設定の結果を比較しやすい。

値幅や想定変動幅を変えるとどれくらい結果が変わるかが一目瞭然なので、自分に合ったシステムが選びやすくなりました。自分の資金で利用可能なシステムが青く表示されており、それをクリックするだけで発注できるので利用するのも簡単です。

リスクのデータが詳しい。
従来のボラティリティ方式やランキング方式では、リスクに関するデータは「必要な新規注文可能額(マトリクス方式のレンジ内最大必要資金と同じ)」しか表示されませんでした。

マトリクス方式では「レンジ内最大必要証拠金(想定変動幅と注文間隔(ポジション数)から必要な証拠金の合計)」と「レンジ内最大評価損pips(想定変動幅と注文間隔(ポジション数)による評価損の最大値)」も表示されるため、リスクがより正確に把握できるようになりました。

微修正も可能。
ランキング方式と同じく、「微修正後注文」というオプションがあり、設定を微修正出来ます。

●デメリット
過去の実績通りとは限らない。
こちらもランキング方式と同じデメリットがあります。マトリクス(表)に表示されるデータは過去のシミュレーション結果です。
各システムの特徴(値幅や想定変動幅を変えるとどう変わるか)を理解したり、リスクを把握するために利用するのがよいと思います。

 ★★★ 

以上、キャンペーン中のため最初の90日は手数料無料でループイフダンより低コストですが、その後はドル円3pipとなるのでループイフダン(ドル円2pip)の方が低コストになります。
マトリクス方式で様々な角度からシステムを評価してみたい人や、取り扱い通貨が24種と多いのでやってみたい通貨がある人は、外為オンラインで「iサイクル2取引」や「サイクル2取引」を試してみるといいと思います。

コスト重視の私も実際に使っていますが、よくできたシステムだと思います。

★★★外為オンラインの口座開設はこちらから↓★★★
外為オンライン
5000円キャッシュバック&手数料無料キャンペーン中↑

「iサイクル2取引™は、予め指定した変動幅の中で、一定間隔の値幅で複数のIFDONE+OCO注文を一度に同時発注し、決済注文成立後、相場の変動に合わせて変動幅を追従させ、相場変動に追従した新たな条件の注文をシステムが自動的に繰り返し発注する連続注文機能です。」

http://www.gaitameonline.com/pdf/newsrelease20140916.pdf
「注文の方法は、煩わしい変動幅の設定や、値幅間隔の設定は、システムが参考値を瞬時に算出します。
参考値を確認し発注を行うと、以降はシステムが自動的に注文を繰り返し発注します。
 変動幅の設定は、「参考期間(選択式)」を選択する事により、過去の実績から「想定変動幅」の参考値をシステムが自動算出します。
 値幅間隔の設定は、「想定変動幅」と 「対象資産(お客様の運用資産)」 の入力を行う事で、注文数と値幅の間隔、最大ポジション数をシステムが自動算出します。」

(参考)サイクル2取引の公式サイトでの説明。

http://www.gaitameonline.com/pdf/newsrelease20140916.pdf
「■サイクル2取引™とは 
予め指定した変動幅(注文時点で○○円~○○円の値幅を固定します。)の中で、一定間隔の値幅で複数の IFDONE 注文※3 を一度に同時発注し、決済注文成立後、予め指定した変動幅の範囲で成立した決済注文と同条件の IFDONE 新規注文をシステムが自動的に繰り返し発注する連続注文機能※4 です。

■iサイクル2取引™とサイクル2取引™の比較 
サイクル注文™は、予め指定した変動幅(注文時点で○○円~○○円の値幅を固定します。)内に限定して自動で注文を繰り返す為、想定した変動幅から相場が外れた場合、利益を逸失する場合がある一方、
iサイクル2取引™は、予め指定した変動幅(変動幅は、○○円~○○円と値幅を固定せず、変動幅を保った状態で相場の変動に追従します。)が、相場の上昇下落の変動に合わせて、自動追従し注文を繰り返す為、利益を追求する事が期待できる注文方法です。」
iサイクル2取引とサイクル注文の違い
図は http://www.gaitameonline.com/icycle/index.html より引用。
(更新履歴。2014年9月26日投稿。
2017年12月22日更新:サイクル注文がサイクル2取引にサービス変更されたため修正。2019年2月18日最終更新:iサイクル2取引がiサイクル取引2にサービス変更されたことに伴う修正)
★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑

(2016年1月10日追記。キャンペーンは口座開設後90日は新規・往復ともに手数料無料、その後は決済手数料のみ無料に変わりました。キャンペーン終了後は手数料込みでドル円2.3pipとなりループイフダンの2pipの方が有利です)

10月15日(水)に FXブロードネット (株式会社FXトレーディングシステムズ)で「トラッキングトレード」がリリースされました。

★トラッキングトレードとは何か。
これは外為オンラインからリリースされたiサイクル注文に非常によく似たシステムとなっており、ループイフダンやトラリピと同様に、一定値幅で売買を繰り返してくれるというシステムです。
 
トラッキングトレードとiサイクル注文の主な相違点(下記)はスプレッドとスワップで外為オンラインより有利なものが多く、他の仕様はほぼ同じです。
ですので、こちらの記事(iサイクル注文の解説)を読んで頂ければトラッキングトレードの大体の仕様も理解できると思います。

取引手数料無料キャンペーンがあるのでお得に取引できると思います。
通貨ペアが24種と多いことや、スワップがよいのがメリットです。 

(追記。 2016年9月26日のループイフダンのバージョンアップによりループイフダンでもトラッキングトレードやiサイクル注文と同じように追従する機能や自動損切りする機能が追加され、ほぼ同じ機能になりました。しかし。投資で最も重要なスプレッドはループイフダンの方が有利ですし、トラッキングトレードやiサイクル注文を使うべき理由はほとんどありません。) 

★「トラッキングトレード」の長所短所まとめ。
iサイクル注文と同じく以下の長所・短所があります。
 
●メリット:
  1. ループイフダンやトラリピ同様に一定間隔の値幅で売買を繰り返す。(注文形式はIFDONE+OCO注文)
  2. 値幅、取引数量、最大ポジション数(注文数)の設定をシステムが自動計算してくれる。
  3. レンジ上限を抜けた時に逆指値で買い、レンジ下限を抜けた時に損切りしつつ新規で買う
  4. 対応通貨が多い。24種。(外為オンラインと同じ)ユーロドルやNZドル円等、ループイフダンにはない通貨があります。
  5. 1000通貨から取引可能。
  6. スプレッドが小さい。ドル円0.3pips(ただし手数料あり)(外為オンラインより低スプレッドなものが多い)
  7. スワップがiサイクル注文(外為オンライン)より有利なものが多い。売りスワップも小さい。
●デメリット:
  1. 手数料が1万通貨あたり400円
  2. 【2017年8月10日のバージョンアップで解消済み】1つの通貨につきトラッキングトレードは1つしかできない(例えばドル円で2つのトラッキングトレードを出すことはできない。買と売を一つづつ稼働させるのは可能。)
  3. 注文レートを変更不可(トラッキングトレードを止めてから成立しているポジションの決済指値・逆指値レートを変更することは可能)
値幅の自動設定など、詳しい説明はこちらの記事(iサイクル注文の説明)を参照して下さい。

★トラッキングトレードとiサイクル注文、トラリピ、ループイフダンの比較。 
トラッキングトレードとiサイクル注文の相違点も説明しつつ比較します。

●レートが下3桁まである。
トラッキングトレードはレートが下3桁(小数点第3位)まであります。iサイクル注文では下2桁までです。
そのため、値幅の計算も下3桁までされるため、iサイクル注文と同じ条件を入力しても注文数は同じですが下3桁目の分だけ値幅がズレが生じます。

より細かい設定が出来るのはよいと思います。

●スプレッドは小さい。
スプレッドはほとんどの通貨でトラッキングトレードの方が外為オンラインより小さいです。

手数料無料キャンペーンの90日は、ドル円では低コストな順に、
 FXトレーディングシステムズ(低コスト)>外為オンライン>アイネット証券>ひまわり証券>トラリピ(高コスト)
ということになります。

キャンペーン終了後は手数料込みでドル円2.3pipとなりループイフダンの2pipの方が有利です。

FXトレーディングシステムズ 外為オンライン アイネット証券 ひまわり証券 トラリピ
ドル円 4.3(0.3) 5(1) 2 4.16(2) 14(4)
豪ドル円 7.6(3.6) 7(3) 4 7.16(5) 16(6)
ユーロ円 4.8(0.8) 6(2) 3 6.16(4) 15(5)
ポンド円 8.7(4.7) 7(3) 5 9.16(7)18(8)
スプレッド+手数料。カッコ内はスプレッドのみの数字。単位はpips。
FXトレーディングシステムズ、外為オンラインは往復手数料1000通貨あたり40円(4pips相当)。
ひまわり証券は投資助言手数料が取引数量1万通貨あたり片道108円かかります。
アイネット証券は手数料無料。
トラリピ手数料は1万通貨単位未満で往復10pips、1万通貨以上で往復6pips。上表ではトラリピ手数料を10pipsとして計算。

●スワップは高い。
豪ドル円のスワップはトラッキングトレードの方が外為オンラインより高く、他通貨は外為オンライン等と同じです。

また、売りスワップが小さいのも魅力です。

FXトレーディングシステムズ 外為オンライン アイネット証券 ひまわり証券 トラリピ
ドル円 3/-6 3/-10 3/-10 3/-10 1/-21
豪ドル円 62/-66 60/-75 60/-75 60/-75 53/-73
ユーロ円 0/-3 0/-10 0/-10 0/-10 0/-20
ポンド円 5/-13 5/-20 5/-20 5/-20 14/-34
2014年10月7日時点

●最低取引数量。
FXトレーディングシステムズ、外為オンライン、アイネット証券、トラリピは1000通貨から。
ひまわり証券は10000通貨からです。

★結論。
FXトレーディングシステムズはほぼ外為オンラインの「iサイクル注文」と同じですが、スプレッドとスワップではほとんどの通貨において外為オンラインより有利です。
 
通貨にもよりますが、基本的にはiサイクル注文をやるならトラッキングトレードの方がお得です。

手数料無料キャンペーン中ですし、FXトレーディングシステムズも期待できると思います。
 
★★★FXトレーディングシステムズ(FXブロードネット)の口座開設はこちらから↓★★★
FXブロードネット
図書カード3000円分&手数料無料キャンペーン中↑
 
★サイクル2取引、iサイクル注文のお勧め記事。
以下、参考。
損切り、自動設定の補足説明として公式サイトを引用します。(カッコ内は私が追記したもの)

http://www.fxtsys.com/automatic_trade/about.html

トラッキングトレードでは、相場が想定変動幅を超えて逆に動いても損切りをしながら売買をすることで取引を継続していくことができます。
例)買い注文で登録していたときに、想定変動幅の下限を突き抜けたときは取引を継続する為、損切りをしながら買い注文を発注します。
また、相場が想定変動幅を超えて利食い方向に相場が動いたときは利益を確定しながら、損切りラインを自動更新していきます。 

http://www.fxtsys.com/automatic_trade/order.html
相場が逆に動いても、損切りをしながら価格を追従することで取引を継続し、売買チャンスを逃さない
想定変動幅を超える値動きがあった場合で評価損が膨らんでいるときには、損失の拡大を抑える為、評価損が一番大きいポジションを決済してから新たなポジションを建てることにより取引を継続していくことができますので、より多くのチャンスを掴むことができます。
(下がったら損切りしながら買い直すという意味)

 http://www.fxtsys.com/automatic_trade/order-ordering.html
トラッキングトレードの発注
「通貨ペア」「ボラティリティ参考期間」「想定変動幅」「ポジション方向」「対象資産」の5項目を設定するだけで、システムが自動的にその設定に沿った複数のIFD注文の値幅を割り出します。
想定変動幅はボラティリティ参考期間(1ヵ月~1年)を選択することで各通貨ペアの変動幅が自動的に算出されるので、初心者でも簡単に設定することができます。もちろん、お客様が任意の値を設置することもできます。
2.ボラティリティ参考期間
    ボラティリティ参考期間にて、期間を設定すると、自動的に各通貨ペアの想定変動幅が設定されます。なお、入力は任意なので、お客様ご自身で想定変動幅を設定したい場合は、空欄で構いません。
3.想定変動幅
    ボラティリティ参考期間を選択した結果が想定変動幅で表示されます。また、自身で想定変動幅を入力することもできます。
5.対象資産
    トラッキング・トレードをの注文の条件を算出する為のものです。
6.新規注文可能額
    現在の新規注文可能額が表示されます。
    新規注文可能額={ (口座資産+評価損益)-(出金依頼額) }-注文中証拠金-取引証拠金
 (引用終わり)

(参考)ISホールディングス グループ会社一覧 http://ja.wikipedia.org/wiki/ISホールディングスより引用
株式会社アイアンドエーエス
株式会社外為オンライン
株式会社アイネット証券
レオス・キャピタルワークス株式会社
株式会社ライブスター証券
株式会社アース・カー
日本ビルド株式会社
ひまわりホールディングス株式会社
株式会社グランドホテル白山 
★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑
当ウェブページの一部、または全部の無断転載・複製を禁じます。