ループイフダン検証ブログ

ループイフダン攻略法&3万円キャッシュバックが貰えるキャンペーン中!「長所短所まとめ」等のお勧め記事を閲覧推奨!【目安資金】【バックテスト】【投資法】等も人気記事!ループイフダン情報が最も詳しいブログです!著書好評発売中!


タグ:テクニック

ループイフダンをする場合でも裁量トレードの知識はあった方がよいので、先日紹介した裁量トレードのテクニック【フルレバの弱点、最適レバレッジ】の続きを紹介します。

先日紹介した田畑さんの本を読んで解説を追加した方がよいと思ったことを順に書いており、今回はリスク管理や心理面についてです。
本などにはあまり書かれることのないマイナーなものですが重要です。
今回で本の続きは終わりとし、次回はループイフダンに関する記事を紹介します。 

ちなみに、私の本も好評発売中です。↓
【Amazon1位達成!】著書「マンガでわかるFXの新常識ループ・イフダンでらくらく稼ぐ」好評発売中!

●慢心したら取引禁止。
大きく買った時や勝ち続けているときは、自分は天才だと思い込んだり、FXは簡単だと思い上がってしまう経験は誰にでもあります(特に初心者に多い)。

ですが、相場をナメると必ず痛い目を見るので、FXは簡単だと思ったり、勝ったことを自慢する等、慢心するようになったら厳しく反省すべきです。
個人的にはしばらく(最低でも数日以上)投資を禁止する等、厳しく心の切り替えをすべきだと思います。
一度頭についた慢心はそう簡単に取れるものではありません。

こういうルールを徹底できるか否かが、勝ち続けるか否かの差だと思います。
 
勝つテクニックをたくさん知っていても慢心する人は必ず破滅します。
(よくあるパターンは、調子に乗ってレバレッジを上げて一気に財産を吹き飛ばすこと、負けたらレバレッジを下げるべきなのに負けを取り戻そうとして更にレバレッジを上げてさらに負ける等)

●勝ちパターンは負けパターンに変わる。自分で研究すべし。
初心者は自分の成功体験を一般化し、いつでも誰でもその方法で勝てる(勝ち続けられる)と思い込みやすいですが、実際はそんな簡単なものではありません。
 
本等で紹介される方法にも、そこに書かれていないコツがわからないと成功しないものが多いですし、その戦略が向いている相場や時期等があるので、いつでもその方法で勝てるというものではありません。(田畑さんの手法にも言えることです。)

勝ちパターンを見つけたと思っても、いつの間にか負けパターンに変わっていたということもよくあります。
ですので、単にそうした方法をマネする(繰り返す)ことに満足するのではなく、どういう風に使えばいいのか、どういう場合に使えるのか/使えないのか等を謙虚に研究し続けることが上達には絶対必要です。
 
(注意:特にボリンジャーバンド等、テクニカルだけで勝てると謳う手法は勝つ場面だけを誇張した詐欺だと断言できます。騙されないよう気をつけて下さい。 )

他にもトレードに関するテクニック・注意点等はありますが、また後日紹介しようと思います。
  • ★投資テクニックお勧め記事
  1. 裁量トレードのテクニック【0分のノイズ、終値から値動きを予想、レンジ幅を逆張りに】 
  2. 裁量トレードのテクニック【フルレバの弱点、最適レバレッジ】
  3. 順張りトラリピまとめ。長所短所
  4. 勝率5割でも勝つ方法!常勝FXトレーダー今井雅人の投資法
  5. 平常心を維持する4つの方法。リスク管理のテクニック
  6. 指標トレードの注意点。トラリピではレートを変えるべし
  7. FXでお勧めの本について。「東大院生が考えたスマートフォンFX」感想
  8. 裁量トレードにお勧めの低スプレッドFX業者
  9. 【Amazon1位達成!】著書「マンガでわかるFXの新常識ループ・イフダンでらくらく稼ぐ」好評発売中!
★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑


先日紹介した裁量トレードのテクニック・注意点【0分のノイズ、終値から値動きを予想、レンジ幅を逆張りに】 の続きを紹介します。

先日紹介した田畑さんの本を読んで解説を追加した方がよいと思ったことを順に書いているのですが、今回はリスク管理や心理面についてです。
本などにはあまり書かれることのないマイナーなものですが重要です。

ループイフダンをする場合でも裁量トレードの知識はあった方がよいです。

ちなみに、私の本も好評発売中で、ループイフダンにはこちらがお薦めです。↓
【Amazon1位達成!】著書「マンガでわかるFXの新常識ループ・イフダンでらくらく稼ぐ」好評発売中!

●フルレバはサプライズに注意【フルレバの弱点】
裁量トレードではフルレバで取引するのも一つの戦略なのですが、注意すべきポイントはポジションを持った後に突然テロや要人発言等のサプライズがあった場合です。

一気にロスカットレート以上にレートが飛ぶ場合があり、予想以上の損失を一気に抱えるリスクがあります。

逆に儲かる方向に飛ぶこともあるので確率上は中立なのですが、やはりハイレバはハイリスク・ハイリターンです。
「きちんとロスカットをつけていればハイレバはハイリスクではない」と考えるのは辞めた方がよいです。

レバレッジ規制により最大25倍までしかポジションを持てないため、フルレバでも全資産を失うには4%動く必要があり、そこまでの損失は現実には起こりにくいですが、「相場に絶対はない」ので甘く見ないほうがよいです。

ハイリスクな投資はロシアンルーレットのようなものだと考えるべきです。
ハイリスクな投資を繰り返す人はいつか必ず大損して退場します。

●フルレバの合理性を追求すべき。最適レバレッジはいくつか。
法人化や海外業者を使う等してレバレッジ数百倍にもできる訳ですが、フルレバがよいと思っている人はどれだけのレバレッジが最適なのかをよく考えるべきだと思います。
役所が決めた25倍という大した根拠のない数字が最適だと思っているようなら研究が甘いです。

本当にフルレバがよいと思うなら400倍でもその戦略が通用するのか、最適な数字はいくつかのか等をよく吟味すべきで、イケると思うならさっさと法人化なり海外業者を使うなりした方がよいです。(海外業者はトラブルが多いのでお勧めしませんが)

ハイレバ・フルレバは一気に破産するリスクもあるのでお勧めしません。
投資では負けないことが最も重要なんだと肝に命じるべきです。

他にもトレードに関するテクニック・注意点等はありますが、また後日紹介しようと思います。
  • ★投資テクニックお勧め記事。
  1. 裁量トレードのテクニック・注意点【0分のノイズ、終値から値動きを予想、レンジ幅を逆張りに】 
  2. 順張りトラリピまとめ。長所短所
  3. 勝率5割でも勝つ方法!常勝FXトレーダー今井雅人の投資法
  4. 平常心を維持する4つの方法。リスク管理のテクニック
  5. 指標トレードの注意点。トラリピではレートを変えるべし
  6. FXでお勧めの本について。「東大院生が考えたスマートフォンFX」感想
  7. 裁量トレードにお勧めの低スプレッドFX業者
  8. 【Amazon1位達成!】著書「マンガでわかるFXの新常識ループ・イフダンでらくらく稼ぐ」好評発売中!
★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑


先日紹介した田畑さんの本の補足として、本では説明されていなかった裁量トレードの関連するテクニック等も少しだけ紹介しておきます。
本を読んで解説を追加した方がよいと思ったことを順に書いていきます。
本などにはあまり書かれることのないマイナーなものですが重要です。

ループイフダンをする場合でも裁量トレードの知識はあった方がよいので参考にして下さい。

ちなみに、私の本も好評発売中です。↓
【Amazon1位達成!】著書「マンガでわかるFXの新常識ループ・イフダンでらくらく稼ぐ」好評発売中!

●区切りのいい時間はノイズが多い【0分のノイズ】
ロンドンオープン等に限らず、どの時間も0分前後(例:15時00分等)には不規則な動き(ノイズ)が起きやすいことも知っておくとよいです。

理由としてはどこかの国のマーケットが開いた(閉じた)とか、何らかのマイナーな指標等が発表された、テクニカルトレーダーが時間足が確定した時点で新規売買を始めた等、考えられる要因は色々あるのですが、理由はともかく大体どの時間でも起こることです。

同様に30分でも小さな変化が起きやすいです。
区切りのいい時間では変化が起きやすく、スキャルでは要注意と考えた方がよいです。

短期でスキャルする場合を除き、私が成行で売買する時はなるべく区切りのいい時間の前後にはトレードしないようにしています。
それ以前の流れが不規則に変わってしまうのを避け、1pipsでも有利なレートで約定させるためです。

トレードスキルというと稼ぐテクニックばかりが注目されますが、こうした細かいミスを防ぐためのテクニックを軽視してはいけないと思います。
 
稼ぐテクニックは結局(時期や相性等により)当たり外れがあり万能のものはありませんが(都合のいいところだけを取り上げた詐欺的なものも多い。特にテクニカルだけで勝てるというのは絶対に嘘です。)、ミスを防ぐテクニックは万能といっていい位安定して役立つので、細かいことの積み重ねでこうしたコツを知らない場合よりかなり利益を増やすことができると思います。

●終値から値動きを予想。高値と安値どちらを狙うか。
さらに、関連するテクニックを紹介します。

例として、東京時間の値幅が115.00-115.30で終値(ロンドン時間直前のレート)が115.20の時にはロンドン時間にどちらに動きやすいかという問題を考えます。

この場合、レンジ下限より上限に近いのでトレーダー心理としては高値更新を狙った方が近いし楽ということになり、実際高値を狙う動きが起きやすいです。
逆に、終値が115.10なら安値更新を狙う動きになりやすいです。
 
チャートの形ではなく、単純に終値だけから値動きを予想するのがポイントです。
終値から値動きを予想。高値と安値どちらを狙うか
日本以外のトレーダーは基本的に高値(安値)更新を狙った動きをしやすいということは知っておくべきです。
海外市場ではどう動くかを予想する時は、高値と安値のどちらを狙うのかという視点を持っておいた方がよいです。

無論、トレンドラインやイベント、センチメント等、他の要素も当然考慮すべきですが、特別な理由がなければそのような動きになりやすいということです。

なお、東京時間でこうした動きとなることはそれほど多くなく、むしろ高値更新させずにレンジ内での推移となることが多いです。
日本はよくも悪くも弱気、保守的で、逆張りが好きな人が多いことや、今までそういう動きだったからその慣例に従った方が稼ぎやすいという集団心理が原因かもしれませんが、理由はともかくそういう特徴があります。

●レンジ幅は逆張りに必須の知識。
さらに上記の応用も紹介します。

ドル円の例で言うと、東京時間は30-40pipsのレンジ(値幅)となることが多いことを知っておくとよいです。
レンジ限界までを狙った順張りも、レンジ近くで逆張りするのも勿論有効です。

同様に、ロンドン時間は50-60pips程度、ニューヨーク時間は70-90pips程度のレンジとなりやすいことも重要な知識です。(ニューヨーク時間だけで90pips動くという意味ではなく、ニューヨーク時間での日足の高値-安値がそれ位という意味)
レンジ幅は逆張りに必須の知識
為替は順張りが基本ですが、スキャルでは逆張りもアリなのでこういう数値も参考にするとよいと思います。

実際は期間(年度など)によって結構変動しますし、重要イベント前は小動きになりやすい等の特徴もあるので、過去データから計算したり、自分で毎日値幅を意識して確認するとよいと思います。
トレンドラインや史上最高値等、チャートポイントにぶつかる時も変動しやすいです。
通貨ペアによっても値幅は異なるので注意して下さい。

これらのテクニックについても、見聞きしたものを「へ~」と思うだけではなく、「自分で」色々研究してみることが重要です。
言われるままトレードするだけでは絶対上達しないです。

長くなったので、次回も裁量トレードに関するテクニック・注意点の紹介をします。
★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑


当ウェブページの一部、または全部の無断転載・複製を禁じます。