ループイフダン検証ブログ

ループイフダン攻略法&3万円キャッシュバックが貰えるキャンペーン中!「長所短所まとめ」等のお勧め記事を閲覧推奨!【目安資金】【バックテスト】【投資法】等も人気記事!ループイフダン情報が最も詳しいブログです!著書好評発売中!


タグ:ループイフダンの戦略

ループイフダンは一度稼働させると最大ポジション数の変更ができないため、その対処法を紹介します。

最大ポジション数による自動損切りを回避したい場合や、節税のための年内利益調整、急落回避などのためにループイフダンを一時停止した時に残ったポジションについての注意点など、ループイフダンを停止&再開させる時にも役立つ内容になっています。

これを知っていれば、いつでもループイフダンの一時停止や最大ポジション数の変更ができますし、投資資金が増えた場合に最大ポジション数を大きくするといった使い方も可能になります。
 

最大ポジション数を変更したい場合の対処法

ステップ1.ループイフダンを停止する。
ループイフダンの最大ポジション数変更1

ステップ2.最大ポジション数を変更したループイフダンを新たに稼働させる。
ループイフダンの最大ポジション数変更2

ステップ3.残ったポジションの利食いレート変更(利益ゼロで決済)
ループイフダンの最大ポジション数変更3

ステップ4.損切りレートも変更。

ループイフダンの最大ポジション数変更4

各ステップの注意点などを紹介します。

ステップ1(停止)の注意点

ループイフダンの最大ポジション数変更1
ループイフダンを停止すると、以後に新規ポジションを取らなくなるだけで、その時に保有していたポジションはそのまま残ります。
指値や損切りレートもそのままなので、ステップ3、4で修正します。

ステップ2(変更&再稼働)の注意点

ループイフダンの最大ポジション数変更2
変更する値に特に制限はないので、目安資金や相場観等に応じて決定します。
(ここで停止前と同じ最大ポジション数にすれば、一時停止&再開する方法として使えるので、テクニックとして覚えておいて下さい。)

以下では最大ポジション数を増やす場合について説明し、減らす場合は後ほど紹介します。
 

ステップ3(利益ゼロで決済)の注意点

ループイフダンの最大ポジション数変更3

ステップ1で残ったポジションを全て利益ゼロで決済させます。(手動決済か、指値変更する)
これは新たに稼働させたループイフダンとポジションが重複するのを防ぐためです。

例えば、停止前のドル円B100ループイフダンのポジションが2つ(105円、104円)残っていた場合に104円で新規稼働させると、そこで新規ポジションを取るため104円のポジションが重複します。(上図)

この時、残ったポジションを利益ゼロで決済させるように指値を変更すれば、104円のポジションはすぐに決済され重複を回避できます(手動決済でもOK)。105円に上がった時も同様にして指値を変更することにより重複を回避できます。

利益ゼロで決済させても意味がないと思うかもしれませんが、損切りするより損益がよくなりますし、ポジション数を減らすことにより下落時の損失を抑えることができ、上昇時は新たに稼働させるループイフダンから停止前と同じ額の決済利益を稼げるので、十分意味はあります。

(なお、この操作が面倒ならやらないことも可能ですが、その場合は重複分の1つだけポジションが多いと考え、目安資金を多めに用意する必要があります。)
 

ステップ4(損切りレート変更)の注意点

ループイフダンの最大ポジション数変更4

残ったポジションの損切りレートを変更することにより、初めから変更後の最大ポジション数だったことにでき、目安資金の計算が簡単になります

例えば、停止前のポジションが2つ(105円、104円)残っていた場合に、104円で最大ポジション数3で新規稼働させ、残った104円のポジションを利益ゼロで決済させると105円のポジションが残ります。(上図。青は停止前のポジ、緑は新規ポジ)

新規ループイフダンの最大ポジション数は3なので、通常なら104、103、102円のポジションを取って最大ポジション数3となり、次の101円になった時に損切りが始まるのですが、
ここでは残った105円のポジションも含めて最大ポジション数3となるようにしたいので、105円のポジションは102円の時に(新規ポジ104、103、102の3つと合わせると最大ポジション数3を越えてしまう時に)損切りされるよう損切りレートを変更します。

【損切りレートの計算式】

残ったポジションのうち、最高値のポジションの損切りレートは次式で計算できます。

 設定する損切りレート=ポジションのレート-最大ポジション数×値幅(pip)÷100
 (100で割っているのはpipをレートの単位に合わせるため)

上の例だと、損切りレートは
 105-3×100pip÷100=102
となります。
残ったポジションが2つ以上ある場合は、順に値幅を引いていくと簡単です。
 

最大ポジション数を小さくする場合

上の例では、新たに設定する最大ポジション数3が残ったポジションの数2より「大きい」場合でした。
その反対で、新たに設定する最大ポジション数が残ったポジションの数より「小さい」場合も、同様に利益ゼロ決済&損切りレート変更をしますが、さらに手動で損切りする必要があります。

最大ポジション数を減らす場合

例えば、上記同様、停止前のポジションが4つ(107、106、105、104円)残っていた場合に104円で最大ポジション数3で新規稼働させ、残った104円のポジションを利益ゼロで決済させると3つ(107、106、105円)のポジションが残ります。(上図)

これと新たなポジション1つ(104円)と合わせると4つのポジションを持つことになり、最大ポジション数3を越えてしまうので、107円のポジションもすぐに手動決済する必要があります。

残りのポジションの損切りレートは上記と同じ計算式で求められます(例えば、106円のポジションは106-3×100pip÷100=103円で損切り)。

下落時の損失額(目安資金)は残ったポジションのうち最高値のレートが基準となります。
上記の例では、106円で最大ポジション数3で始めた場合の金額となります。

最大ポジション数1は絶対にやってはいけない

やることはないと思いますが、最大ポジション数1のループイフダンは絶対にやってはいけない設定です。

相場の上昇・下落による損益は同額の裁量トレードとほぼ同じなのですが、無駄に損切り&新規ポジを取りその都度スプレッドコストがかかる分だけ裁量トレードより不利になります。
 

この変更法のメリット

いつでも最大ポジション数が変更できる

投資資金が増えた場合等に最大ポジション数を大きくするといった使い方も可能になります。
 

目安資金がわかりやすい

初めから変更後の最大ポジション数だったとして下落時の損失額(目安資金)を計算できるようになります。(参考:ループイフダンの目安資金

下図のように105円のポジションが残ったまま104円(最大ポジション数3)で新規稼働させた場合、105円で最大ポジション数3で始めた場合と同じ損失額となります。
ループイフダンの最大ポジション数変更4

このようなメリットが得られるのは、残ったポジションも新たに取るポジションも同じ間隔(値幅)となるためです。
 

【重要】一時停止にも使える

やや応用的な使い方になりますが、最大ポジション数を前と同じにすれば(変更しなければ)、ループイフダンを一時停止して再開できるという効果があります。(本題とは違いますが重要なメリットです。)

最大ポジション数による自動損切りを回避するためにループイフダンを停止する時や、節税目的で一時停止し年内の利益を調整する時(特に一時停止して年内の利益が増えないようにする時)、急落回避などのためにループイフダンを一時停止した時などにも、残ったポジションにここで紹介した利益ゼロ決済&損切りレート変更をすれば、簡単にループイフダンを再開できるようになります。
 

この変更法のデメリット

注文レート変更が面倒

残ったポジションの数が多い場合だと、それらの利食い・損切りレートの変更を全て手動で変更するのは結構大変です。
なるべくポジション数が小さい時に最大ポジション数の変更(停止&新規稼働)をすれば、その手間が減らせるのでお薦めです。

また、利益ゼロで決済させる手順(ステップ3)は省略することも一応可能です(その代わり、最大ポジション数を1つ(重複分)多めに見積もる必要があり目安資金も増える。資金に余裕のある人向けのテクニックです。)。
 

スプレッドコスト

実際に発生するコストは、残ったポジションと同じレートに重複する新規ポジションを取る時のスプレッドコストだけです。
(例えば、1万通貨・スプレッド2pipの新規ポジションを1つ取ると200円のコスト)

このコストを抑えるためには、残ったポジションが少ない時(1の時がベスト)に最大ポジション数変更するのがよいです。
決済利益に比べればスプレッドのコストは小さいので、それほど気にする必要はないと思います。

(利益ゼロで決済させる操作(ステップ3)をしない場合、その決済利益でスプレッドコスト以上を稼げますが、やはり最大ポジション数が1つ多い場合の資金が必要になります。)
 

【注意点】残ったポジションを一度に全て手動決済すると利益が減る

上記のように残ったポジションの注文レートを全て変更(ステップ3、4)するのが面倒なため、残ったポジションを一度に全て手動決済(損切り)してから希望する最大ポジション数のループイフダンを新規稼働するだけでよいと思うかもしれませんが、そうすると利益が少なくなります

なぜかと言うと、ステップ3、4(注文レート変更)をした後に上昇した場合は値幅に達した時に利食い利益が得られますが、手動で損切りした場合も上昇時の利食い利益自体は同じなので損切りした分を取り戻すことができません

この差が埋まることはないため、残ったポジションを一度に全て手動決済(損切り)すると利益が小さくなってしまいます。
 
損切りする額が小さい場合なら全て損切りしてもよいと思いますが、なるべくなら手間を惜しまずここで紹介した対処法を行う方がよいと思います。
 

(参考)バージョンアップ前の最大ポジション数を変更する方法

最大ポジション数を越えて下落している時に、最大ポジション数を増やすには、増やしたい分を最大ポジション数に設定した新たにループイフダンを追加すればよいです。(自動損切りがないため。)(関連記事:ループイフダンのバージョンアップまとめ
 
追加&停止するタイミングは、最大ポジション数を越えて下落したところで追加し、そのレートまで戻ったら(最大ポジション数以内になったら)追加したループイフダンを停止します(停止しないまま上昇すると、バージョンアップ前と重複するポジションを取ってしまうため)。

例えば、バージョンアップ前の最大ポジション数10から15に増やしたい場合、ポジション数が最大の10を越えるところ(より正確には10個目のポジから値幅1つ分下)で新たに最大ポジション数5のループイフダンを追加し、そのレート以上に相場が戻ったら追加したループイフダンを停止します。

追加したループイフダンはバージョンアップ後の仕様なので、その最大ポジション数になると損切りが発生するので注意して下さい。

下落時の損失額を計算する場合、最大ポジション数はバージョンアップ前の数と新たに追加した数の合計とし、基準となるレートはバージョンアップ前のループイフダンを稼働した時のレートとして、その下落幅から計算できます。

バージョンアップ前の最大ポジション数を減らすことはできません。バージョンアップ前のループイフダンは停止すると全てのポジションが決済されてしまうためです。
 

最大ポジション数の変更まとめ

  • 停止後に最大ポジション数を変更して再稼働。
  • 残ったポジションは利益ゼロで決済&損切りレート調整。
  • メリットは目安資金の計算が簡単、一時停止にも使えること。
変更や一時停止をしたい時は、この方法を役立てて下さい。
特に一時停止は中級者以上の方には非常に役立つテクニックだと思います。

関連記事

★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑


ループイフダンに適したテクニカル(↓)を紹介したので、テクニカルについてあまり知られていないが重要なこと等を紹介します。

また、テクニカルをベースにした自動売買についての注意点も紹介します。
テクニカルはひと通り勉強する価値はありますし、トレンドを判断する際に参考に見る程度ならよいと思いますが、過信しない方がよいです。
テクニカルだけで勝てるというのは絶対に嘘です。
 
この記事では特に断りがない限り、テクニカルとは、上記関連記事で紹介した「ループイフダンに適したテクニカル(過去高値、区切りのいい数字、トレンドライン)」を除くテクニカル(ボリンジャーバンド、RSI等)を指します。

●テクニカルで最も重要なこと【多数派理論】 
気付いていない人も多いですが、テクニカルでは多くの人がよく見ていることが最も重要です。(多数派理論
相場は市場参加者の売買により動くため、彼らがどういう思惑で売買しているのかを知る必要があります。

例えば、過去高値が重要なのは多くの人が注目しているからであり、注目しているからそのレートの前で売る人が多くなり、強い壁になっているのです。

テクニカルにも同じことが当てはまるので有名なテクニカルほど重要で、誰も見ていないテクニカルは仮にそれを使ってよい結果が出せていたとしても一時的なものに過ぎず無価値です。

テクニカルは所詮、過去高値等と同様に、他の人も注目しているからこそ、そこで反転したりするものです。

たいした根拠もなく信じている人が多いですが、テクニカル自体に未来を予知する力はありません。(←重要)
 
(例えば、サポートラインを決める手段として、過去高値に注目している人が市場参加者の90%、移動平均線に注目している人が20%の場合、過去高値は注文が集中し強力なサポートラインになるが、移動平均線は弱いということ。
 
多くの人が色々なテクニカルを見ていて、各テクニカルの示す重要レートもバラバラになってしまうので、実際は特定のテクニカルが強いことにはならない。
RSIやMACD、ボリンジャーバンド等でも同様で、売買サインが出ても見ている人が少ないので注文が増えず相場の流れに変化を与えない。

一目均衡表にいたっては、過去に株の値動きを研究した日本人が適当にパラメータを最適化して最もよかったものを使っているだけという理論的裏付けが全くないデタラメなテクニカル指標であり(多くのテクニカルもこのようにして作られています。)、為替のメインプレイヤーである海外投資家はほとんど使っていないのでほとんど見る価値がないです)

テクニカルには経済指標やニュース等のファンダメンタルズが反映されていないこともよく理解しておくべきです。

●自分の頭で考えない人は金融業界に騙される。
「テクニカルなら勝てるという話の根拠」を考えたことさえない人が多いです。(風説・嘘であることに気付いてすらいない人ばかり)

「テクニカルなら勝てる」と勝手に思い込んでいる(思い込まされている)理由は、本に書いてあったとか、有名なアナリストが言ってた等という論理的根拠のないものであり、その本やアナリスト等、金融業界の手口(嘘、本質)が見抜けておらず、都合よく騙されているのです。

よくある手口は、もっともらしい説明をして勝てたパターン・時期だけを誇張し、負けるパターンや長期での実績をウヤムヤにするというものです。

●どんな時も高い勝率となる手法はない。
テクニカルに基づく売買はどれも勝てる時期と負ける時期(勝てる設定と負ける設定)があり、現在どうすれば勝てるのかは絶対に予測できません
 
勝率が高い手法を見つけたとしても、それは過去の一定期間の間に有効だっただけであり、今後もその手法で高い勝率で勝てると思うのは甘いです。

簡単な例で言うと、最も有名なテクニカル手法である2本の移動平均線のクロスをバックテストする場合、パラメータ(何日平均を用いるか)を変えると、例えば過去1年の勝率を最高にするものは簡単に作れますが、その前年が悪くなったりします。

長期間通じて最もパフォーマンスがよいものを作っても、さらに長期間にするとまたパフォーマンスが落ちたりするので、今後その設定で高いパフォーマンスが出せるとは期待できません。

同じ理由から、逆に最もパフォーマンスが悪いものを作ることもできません。(最もパフォーマンスの悪いものは買い、売りを逆にすれば最もパフォーマンスがよいのものになるのですが、それも無理)

複数のテクニカルを組み合わせたり、他の条件を付けても同じで、勝てる時期と負ける時期(勝てる設定と負ける設定)があり、結局どんな時も高い勝率となるシステムは作れません。

過去にテクニカルを徹底的に研究したことがある人なら理解して貰えると思います。
私も以前に研究した結果、上記のような結論に達しました。

●テクニカルは客を煽る広告。
ほとんどのテクニカルは所詮、金融業界(株、証券、FX業者、ブロガー等)の広告・セールストークに過ぎないと気付くべきです。
彼らは所詮手数料ビジネスなので、塩漬けや売買されない状況が最も困ります。

そのため、ファンダメンタルズでももっともらしい上がる理由、下がる理由を色々つけて売買を煽ってくるのですが、テクニカルも全く同様に煽る手段として利用されています。(損切りを勧めるのも同じ事情で、客の損を増やさないだけでなく、新規売買をさせて自社の手数料収入を増やしたいという思惑がある)

客としても自分の判断で買うのが不安で誰かに背中を押してもらいたいという心理があるようなので(占いや神仏等にすがる心理にも近い。初心者なら仕方ないと思いますが、いつまでもこういう姿勢の人は投資に向かないです。他人の話に乗っかって売買するのは投資でやってはいけないことの一つです。)、需要があるのは確かなのですが、それにつけこんで、さもテクニカルが当たるかのような過剰な宣伝がされています。

テクニカルは初心者のおもちゃ(初心者を喜ばせる道具)と言ってもいいかもしれません。
ひと通り勉強するのはよいことですが、あんなことで儲かると思うのは甘いです。

テクニカルは一見もっともらしい説明がなされることが多いですが、そのように「ユーザーを信じこませる(騙す)」ことを目的として作られているだけであり、その期待通りの結果は絶対に出せません。
 
もっともらしい・勝てるかもと思い込まされたらトレーダーとしては負けです。
さんざん手数料・スプレッドを取られて1円も稼げないという結果(業者のエサ)になります。

●テクニカルベースの自動売買は絶対やってはいけない。「業者必勝、顧客必敗」。
多くの自動売買(テクニカルで勝手に売買するシストレ。インヴァスト証券シストレ24、ミラートレーダー、フルオート等)は上記のようなその都度客を煽って売買させるという面倒を最小化しつつ手数料収入を安定的に生み出すため、FX業者にとっては非常に旨味のあるシステムです。

他方、上記の通りテクニカルでは勝てる時期と負ける時期(設定)があるためユーザーが勝ち続けることは絶対になく、仮に勝率50%でもスプレッドコストやマイナススワップの方が大きいこと等により損失が膨らんでいくため、長期では非常に高い確率で負けることが確定しています。(素人をターゲットにしているためか、通常のFXよりスプレッドやスワップが不利なものも多いです)

つまり、「業者必勝、顧客必敗」のシステムです。

実際の利用者は各システムの中身がわからないため(こういう相場状況ではこのシステムが有利みたいな簡単な説明しかないものがほとんど。)、結局ランキング等に基づいてシステム選択する人が多いようです。

しかし、利益ランキング等に基いて自動売買を選ぶというのも全くナンセンスで、サイコロふって売買するといういい加減な自動売買であっても同じシステムを無数に稼働させれば確率的に利益ランキングで上位になるものは必ず現れるのであり、利益ランキング上位の自動売買も単にそのような偶然が重なって上位にいるだけと考えるべきです。(投資信託等のランキングにも言えることです。金融業界ではこういう手口が多いです。)

テクニカル同様に、どの自動売買でもパフォーマンスがよい時期と悪い時期がありますが、それがいつかを予想できないので、今どの自動売買を使えばよいかわかるものではありません。
 
現在利益ランキング上位にいるシステムが今後よいパフォーマンスを出すという論理的根拠は全くないです。

システムを定期的に入れ替える等すれば勝てると思っている人もいますが、どうすればパフォーマンスがよくなるかは絶対わからないので無意味です。
こうした合理的思考のできない人をターゲットにした悪徳商法の一種だと思っておいた方がよいです。

こうした事情から、テクニカルやテクニカルを使ったシストレは儲かると勧める人(アナリスト、ブロガー等)も信用しない方がいいです。 
読者から金を巻き上げようとする悪意しか感じられません。  

(ミラートレーダーという自動売買が有名で以前は提供していた業者もそれなりにありましたが、やはり稼げない人ばかりで評判が悪いことからサービス終了する業者が続出しています。この場合、持っていたポジションも強制決済されてしまいます。) 

(なお、ループイフダンはテクニカルを使っておらず、どういう条件で売買されるかわかっているので、業者必勝なのは同じですが、顧客は必敗ではなく勝つ可能性は十分あります。)

●詐欺師、有料商材に注意。
こんなテクニカルで売買したらこんなに儲かったみたいな胡散臭い話もよくありますが、テクニカルで勝ち続けることは絶対に不可能です。
 
テクニカルに限らず相場に必勝法はなく、もし勝ち続けられると言う人がいたら詐欺師なので信用しない方がよいです。
勝率100%は絶対にありえませんし、勝率100%でなくても日ベースや週ベースで勝ち続けるというのも絶対に不可能です。
 
年間ベースで勝ち続けることも極めて難しいため17年以上年間ベース勝ち続けていると言われる今井雅人さん(有名FXトレーダー、民主党→維新の党→民進党衆議院議員)は凄いとされているのです。今井さんも月ベースでは負けることもあるそうです。

(なお、今井さんの会社マットキャピタルマネージメント、Global Infoもテクニカルをベースにした売買シグナル(MATT売買シグナル等)を提供していますが、これは今井さんの手法がそのままというものではなく、現在のFX情報会社のサービスの一つとして無理やり開発して提供しているだけなので、こちらは信用しない方がよいです。これも過剰な宣伝が目立ちます。)

有料の情報商材にも要注意です。
特に、勝率●●%!とか、何ヶ月で●●円に!、●連勝中!、みたいないかにもうさん臭い宣伝がついているものです。
 
大抵は適当なテクニカルを組み合わせて過去データに最適化しただけのものです。
ただのナンピンが勝率100%を謳ううさん臭い情報商材の正体だったりします。
必勝法は絶対にありませんし、本当に儲かるなら誰にも売らないです。
有料のメルマガを発行している人は詐欺師だと思った方がよいです。 

無料の情報商材でもメルマガ等は怪しいものがほとんどです。
「いきなり有料の商材を買うのには抵抗があるけど、無料メルマガは結構よかったから有料商材もいいものに違いない」と思い込ませて、最終的に有料商材を買わせるという手口が多いです。
こういうものに騙されないよう気をつけて下さい。

●まとめ。
  • テクニカルは多くの人が注目していることが最も重要【多数派理論】
  • テクニカル自体に未来を予知する力はない。
  • どんな時も高い勝率となる手法はない。
  • テクニカルは客を煽る広告。
  • テクニカルベースの自動売買は絶対やってはいけない。「業者必勝、顧客必敗」。
  • 詐欺師、有料商材に注意。
テクニカルに頼ったトレードは頭を使わなくてよいから人気が出やすいのは理解できますが、そんなことで勝てるほど相場は甘くないです。

テクニカル神話含め、投資業界の常識・広告は疑った方がよいです。(彼らの出す情報の9割以上は嘘だと思う位で調度いいです。)。
あんなものは投資業界の手数料収入を増やすために作られたものばかりです。
突き詰めれば、上記の通り、多くの人が注目していることこそが重要なのです。

単純な話なのですが、たいした根拠もなくテクニカルを信じている人が多く、この話を信じない人も多いと思います。(常識を疑わない人・論理的思考力のない人・自分の頭で考えない人は投資に向かないです)
 
私はこの考えが正しいと確信していますし、多くのテクニカルアナリストを抱える国内外の大手金融等に勤める友人もこの考えが正しいと言っていますが(商売の邪魔になるから言うなという人もいました)、これを信じない人を説得する気はないので、ご自身の好きなスタイルで投資すればよいと思います。

どの道、投資で必勝法はないので、何かしら突っ込みどころのある投資法をすることになりますし、テクニカルを使ってもいいのでとりあえず自分のスタイルを作ってリファインしていくことが大事です。
 
私としては数ある手法の中でもループイフダンが最も優れていると確信しており、このブログで詳しく説明しています(ループイフダンやトラリピをするならサイドバーのお勧め記事は必ず読むべきだと思います。)。

なお、私は特定の個人・サイトを批判する意図ではなく、テクニカルを過信したり、投資業界にあふれている詐欺的な情報に騙されないよう注意するためこの記事を書いています。
 
気分を悪くした方がいたら申し訳ありません。
また、自分の発信する情報がこれに該当すると思う方は、それを見直すようお願いしたいと思います。

騙される人がいるのは仕方ないですが(世の中には信じられないほど騙されやすい人がいます。)、私のブログ読者が騙されるのは私としては我慢ならないので、かなり詳しく説明しました。
★★★ 3万円キャッシュバック!今なら当ブログ限定キャンペーン中! ★★★
3万円&私の「ループイフダン攻略法」が貰えます!ループイフダンに役立つテクニック満載で初心者から上級者まで使える実践的レポートです!
アイネット証券
【アイネット証券】の口座開設はこちらから↑


当ウェブページの一部、または全部の無断転載・複製を禁じます。